G
C
W
e
b




  ログイン

重茂漁業協同組合からのメッセージ

 

◆「良質な魚介を育てる豊かな海を守るためにせっけんを使ってきました」

重茂漁協加工部部長の後川さん

重茂漁協は、「つくる」と「食べる」だけではなく、海を守る活動でも協力してきました。
わかめや昆布などを、海の中で育てて収穫する「栽培漁業」をすすめる重茂漁協にとって、海の汚染は死活問題です。
そこで、1975年から合成洗剤追放運動を始めました。良質な魚介を育てる豊かな海を守るために「合成洗剤を使うのをやめよう」と地域に呼びかける活動です。
重茂漁協婦人部(現女性部)から始まった活動は漁協全体に広まり、1980年代には重茂地区の全商店が合成洗剤を置かなくなるまでの成果を上げました。
今でも重茂地区では、多くの人が合成洗剤ではなく、せっけんを使っています。

 

岩手日報新聞 2021年2月13日付 長年の取り組みが評価され、表彰されました。


 

>> 岩手県TOPに戻る

 

復興応援企画TOPページに戻る

TOPへ