G
C
W
e
b




  ログイン

(株)まるたか水産からのメッセージ

 

◆「今年は育った牡蠣の成長が悪いですが、頑張ってやっています」

代表取締役社長 髙橋さん

2019年の台風19号のときはお見舞頂きましてありがとうございました。
今はちょうど牡蠣の最盛期で、何が原因か分かりませんが、今年は牡蠣が死んでいることが多いです。
暑さがずれているというか、寒くなる頃に海水温が18℃とあったかくて、弊害が生じるのだと思います。
牡蠣は海水温が高いと育ちにも影響してきます。
原因というのは一つではないので、雨が少なかったりとか、環境の影響もあるし、台風が少ないとか、塩分濃度とかあり、その中でもやっていかないとなりません。
その試みの一つとして、他との差別化のためにも新しい技術での牡蠣の開発に挑戦しています。

>> 宮城県TOPに戻る

 

復興応援企画TOPページに戻る

TOPへ