グリーンコープは、遺伝子組み換えに反対します。

 

グリーンコープは遺伝子組み換えに反対します。

1996年、モンサント社など多国籍企業からのGM(GM=Genetically Modified 、遺伝子組み換え)作物の輸入申請が認可され、その年の10月、初めてのGM大豆が輸入されました。それに危機感を抱いた全国の生協や市民団体が結集し、「遺伝子組み換え反対」を掲げ、「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」の発足につながりました。

それから約20年、「遺伝子組み換え作物は買わない!食べない!作らない!」を合言葉に反対運動が繰り広げられています。グリーンコープも「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」に連帯しながら運動を展開しています。

グリーンコープのカタログには遺伝子組み換え表示をしています。

グリーンコープでは組合員にGM作物・食品の情報を伝えるために、1997年秋から独自にカタログGREENに表示を行っています。

遺伝子組換原料不使用
遺伝子組換原料不使用
原料に遺伝子組み換え作物を使用していません。

遺伝子組換主原料不使用
原料配合率5%以上の主原料は
すべて遺伝子組み換え作物を使用していません。

遺伝子組換飼料不使用
牛、豚、鶏の飼料に遺伝子組み換え作物を使用していません。

遺伝子組換主飼料不使用
牛、豚、鶏の飼料配合率5%以上の主飼料は
すべて遺伝子組み換え作物を使用していません。

遺伝子組換原料国内流通無し
天然魚、昆布、茶等の国内に遺伝子組み換え作物として
流通していない商品のうち、原料が単体及び塩のみ
使用している商品に表示しています。(2008年より表示)
TOPへ