なぜ遺伝子組み換えに反対するのか?

そもそも、遺伝子とは?

ヒトや植物などの生き物は、小さな細胞の集まりです。それぞれの細胞の核の中にはDNAとたんぱく質の塊である染色体があります。 DNAの上には、たんぱく質の設計図=遺伝子が並んでいます。遺伝子の働きで、生き物はその姿や形、性質などが親から子へ伝えられているのです。

遺伝子組み換え技術と品種改良は違うの?

従来の品種改良は、生物学的に似通った植物の間で、人工的に交配させ、新しい品種を作り出すものでした。 複数の植物の遺伝情報を混ぜることで、その中で突然変異などが発生することもありましたが、種の壁を越えることはありませんでした。

遺伝子組み換え技術は、例えば、除草剤を分解する性質をもった細菌から、その性質を発現させる遺伝子の一部を切り取って、切り取ったその遺伝子をナタネの細胞に挿入することで、 特定の除草剤を撒いても枯れないナタネを作為的に作り出すというものです。 見た目はまったく同じでも、自然界では誕生することのない生き物を作り出すことになります。

遺伝子組み換え技術は植物だけでなく、動物への応用もはじまっています

除草剤をかけても枯れないナタネ

天然より数倍大きく育つサケ

食べた虫が死んでしまうトウモロコシ

日本は世界最大の遺伝子組み換え作物の輸入国

現在栽培されている代表的な遺伝子組み換え作物はトウモロコシ・大豆・ナタネ・綿実です。その多くは食用油の原料や家畜飼料です。 「遺伝子組み換え」という表示義務がない食用油は、大半が遺伝子組み換え作物が原料になっています。子どもたちの大好きなお菓子にも使われていて、知らず知らずのうちに私たちの口の中に入っています。

安全と言えない、確立されていない遺伝子組み換え技術

ある性質を持つ生き物の遺伝子の一部を切り取ったことや、そもそも挿入した遺伝子は 安全なのか? 生物学的に異なる、別の生き物に入れたことの危険性はないのか? 周りの微生物などもふくめた生き物(環境)への影響はないのか?・・・ など技術そのものや、できたものの危険性や、予測できないようなことが起こる可能性について、安全とは言えない、問題ないとは言えないと指摘する専門家もいます。

他の生き物や、環境、人体などへの影響が懸念されています

・ナタネと生物学的に近いキャベツなどの作物とGMナタネとの交雑 ・一旦自然界に放たれてしまうと制御不能で生態系を壊す恐れがある ・食べ続けることによる人体への影響 ・遺伝子組み換え作物用の除草剤で枯れないスーパー雑草が発生し、それを抑えるために大量の農薬が使われる・・・という悪循環

何か起こってからではなく、
予防原則に立つことが大切ではないかと考えています。

TOPへ