G
C
W
e
b




  ログイン

友誼団体 きらら会からのメッセージ

 

◆「いくつになってもきらきらしていたい」

きらら会メンバー

定期的に月に1回15人くらい、平日や火曜日など11時から14時くらいまで集まって、活動しています。
持ってきた野菜でメニューを決めて、お昼ごはんを一緒に作ります。夏場だと、「これなったんだけどなんだか分かんない」っていう野菜を持って来て、それをそぼろ煮してみたり。じゃがいもでコロッケとか作っています。
冬になるとやっぱり畑とかやらなくなるので、編み物などはこたつに入って編んでいます。
昨年「絹子ばーちゃんの針刺し」を100個作りましたが、この数をまとめて作ったのは初めてでした。
それぞれ材料を持ち帰って、自分で用意したり。まとめ買いして分けたりして。
着物をほぐしたのが3~4月頃でした。正絹で、かわいい着物を探して、着物に虫食いとかあると使えない部分があるので、ほぐして、アイロンかけて。使えるところだけ切って、それが結構時間がかかるのです。
そして上手に縫える方に渡して縫ってもらいました。一個一個柄の合わせなど考えて作業するのは楽しかったです。

>> 福島県TOPに戻る

 

復興応援企画TOPページに戻る

TOPへ