西日本豪雨水害の復興支援報告です(12月16日~22日)

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月22日(日)

【やすうらみんなのひろば】
今回はお正月が近いということで、餅つきを行いました。
・普段は顔を出されないご近所の年配の方々もお手伝いに来られ、餅つきの返しや、餅丸めなどとても楽しそうにワイワイと作業をすることが出来ました。子どもたちもかわるがわるにお餅をついて、楽しい時間でした。つきたてのお餅はとっても美味しくて、味を変えながら2個3個と次々に召し上がっていました。
・また、今回は地域の方からの要望があり、買い物支援としてげんきくん号も出動し、地域の方々にもお買い物をしていただきました。
・年内のみんなのひろばは、昨日で最後となりましたが、1年間大きな事故・ケガ無く終了できたことは本当に良かったと思います。
 
 

 

◆12月21日(土)

【サンタ大作戦(仮設住宅へのプレゼント配布)】
・仮設住宅などで、支援活動を行っている他団体からお声がけをいただき、坂・天応・安浦・三原の仮設住宅へのクリスマスプレゼントの配布を行いました。グリーンコープからは「ベビードーナツ」を提供し、袋の中に一緒に入れていただきました。
・全員で30名あまりのサンタでお届けし、住人の方々には「こんなにたくさんのサンタにプレゼントを持ってきていただいて幸せです!」ととっても喜ばれました。
・訪問をする中で、移動販売を利用されている方ともお会いし、ゆっくりとお話しすることも出来ました。
 

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月20日(金)

【〇(まる)カフェを開催しました】
O(ゼロ)の日に定期的に開催している、総社市西仮設団地のまるカフェで餅つきを行いました。
・住民の方に加え、市役所の方、社会福祉協議会の方、地区の男性陣が参加されました。
・今回も餅つきは大好評で、みなさんお餅にいろんな味付けをして、たくさん召し上がっていました。
   
 
 

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月19日(木)

【安浦買い物支援】
・安浦市営住宅では、レトルトカレー、食パンが欲しいとのことでしたので来週お渡しできるよう入荷させておきます。
・新たに来られた方々へ、以前から移動販売を利用されている方が、あれこれ商品をおすすめしてくださっています!グリーンコープからも色々とお話ししましたので、今後も利用していただければと思います。

・女子畑では、先々週に続き自治会長さんが来られなかったので、ちょっと心配です・・・

・中畑では、前回購入された黒糖ドーナツ棒をとても気に入られていたので、今回も入荷させていました。
とても喜んでおられました。

来られた方々へ来週の支援が年内最後であることをお伝えしました。

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月18日(水)

【備品の整理をしました】
備品の棚卸しと整理を行いました。
・使っていない備品は広島物流センターで預かってもらうことになり、ひまわり畑の備品などを整理して送り出しをしました。
・カーゴ車8台分を整理することが出来ました。

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月17日(火)

【おてランチ(信楽寺)】
・今月のメニューは、コーンフレークチキンのから揚げ、かぼちゃスープ、マカロニグラタン、シーフードピラフ、人参のグラッセ、里芋煮、かぶの塩昆布和え等でした。
・12月のクリスマスに合わせてメニューを考え、お寺の中でもクリスマスらしい、12月らしい雰囲気だったようです。また、参加者も29名と開始当初から変わらずの人気ぶりです。
・次回は、昨年の1月開催と同様に時節に合わせたお正月メニューを考えているそうです。
・提供食材
びん牛乳 2本
ベーコン 2パック
ミックスチーズ 2袋
シーフードミックス 4袋
ミックスベジタブル 4袋
  

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月17日(火)

【備品の整理をしました】
前日までのサロンや餅つきで使用した機材の整理や洗浄を行いました。
・餅つきでお湯を沸かすために使用した鍋などは真っ黒になっていましたので、金たわしで磨き上げました。

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月16日(月)

【小屋浦・坂買い物支援】
・本日は、職員1名で小屋浦と坂で買い物支援を行いました。
・食パン・あんぱん・あんもち・あんこ・調味料など甘いもの中心に購入されていました。

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月16日(月)

【交流会を開催しました】
・真備町岡田の辻田地区の住民の皆さんから相談があり、地域に戻られた方々がコミュニケーションをとりやすくなるための集まりを開催しました。
・辻田地区は50年前に開発された50世帯ほどの住宅地です。皆さん同じ時期に引っ越してきて同じくらいの年代の方が多いので仲がいい地区だったそうです。「一年に2回くらいはみんなで集まって、流しそうめんをしたり、お好み焼きを焼いたり、地域での交流が盛んでしたが、発災以降、みんなで集まることがなくなり、とても寂しい。どうにかならないだろうか。」と言われていました。現在は45世帯が戻ってこられていて、あと2世帯が来年に戻られる予定です。交流会の会場になった辻田分館は12月にリフォームが完了したばかりでとてもきれいでした。住民の方は24人参加され、お好み焼き、焼きそば、おでんを一緒に作って食べました。
男性も70歳くらいの方々が10人ほど参加され、とても楽しかったのでまたお願いしたいと言われていました。
これを機に、地域の皆さんで集まりの場を作っていけるように支援をしていきたいと思います。
   

 


西日本豪雨支援一覧へ

2020年1月15日

TOPへ