2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月13日)

 

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月13日(金)

1、大町町災害支援
(1)在宅被災者支援
1)大町町(下潟公民館)物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日も牛乳、ヨーグルト等の物資をお届けしました。
また、下潟地区の区長より自宅で作っている「レモン」を提供いただきました。

 

2、大町町配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に食事(弁当)支援と食料支援を行っています)
・昼食用の弁当9食
下潟地区在宅被災者 2世帯 2食
中島地区在宅被災者 1世帯 3食
大黒地区在宅被災者 2世帯 4食

・夕食用の弁当6食(地元の弁当屋で手配)
下潟地区在宅被災者 1世帯 2食
大黒地区在宅被災者 1世帯 4食

3、その他
(1)大町町下潟公民館での餅つき大会
本日は、下潟公民館で3回目の炊き出しを行いました。
今回のメインは、年の瀬が迫ってきていることもあり、地域の方と一緒に餅つきとグリーンコープ生協さがの組合員が作った豚汁を振舞いました。
事前に声を掛けていた女性たちも朝から手伝いに来てくださり、地域の方や、町役場職員、グリーンコープ職員、みんなで餅つきを行いました。
ついた餅は、地元の女性たちが餅きりを行い、「きなこ」「あんこ」「砂糖醤油」「大根おろし」「ごまだれ」を準備し、皆さんお好みの味付けで、つきたての餅を美味しく召し上がっていました。
また、水害や油被害により、食器などが被災した方には、皿や湯のみ、ボウルなどの物資提供も行いました。
残念ながら、仕事や家庭の事情で来ることが出来なかった方(9世帯)には、餅をお届けし、皆さんとても喜ばれていました。
今回は、これまでとは違い、地域の方と一緒に準備から片付けまでを行い、被災された方達も生き生きとお手伝いされていました。

      

餅つき大会の様子は夕方の地元のテレビでもニュースとして取り上げられました。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年12月23日

TOPへ