グリーンコープエリアの各地で採れたひまわりの種を福島へ送りました!

グリーンコープは福島の子どもたちを応援する「ひまわりプロジェクト」に取り組んでいます。

「ひまわりプロジェクト」は、ひまわりを植えて種を採り、プロジェクトを主宰する福島のNPO法人に送ります。
全国の支援者から送られてくる種から油を搾って製品化し、販売します。
収益の一部が、放射線の影響が心配される地域に住む子どもたちの支援(保養活動)にも役立てられるという取り組みです。

今年グリーンコープでも、組合員やさまざまな事業所(配送センター、お店、福祉関連施設など)、その他、災害支援で出会ったみなさんも協力くださり、たくさんのひまわりの種が集まりました。

2016年の熊本地震で被災された益城町テクノ仮設のみなさんや、2017年の九州北部豪雨で被災された仮設住宅林田団地のみなさんは、それぞれ2017年と2018年の夏に、福島から訪れた子どもひまわり大使のみなさんと交流され、子どもたちを応援するためにひまわりを植え続けてくださっています。
2ヵ所で50kgを超える種を収穫されました。

※2017年の子どもひまわり大使との交流のようすはコチラ
※2018年の子どもひまわり大使との交流のようすはコチラ

そして、今回集まった種の総量はこれまでで最も多い、220kg!
今後も追加分が集まる予定ですが、先週末、一旦、福島へ送り出しました。

製品化されるひまわり油「みんなの手」を利用して、福島の子どもたちを応援しましょう!

2018年11月13日

TOPへ