ひまわり油「みんなの手」の利用代金の目録をNPO法人シャロームにお渡ししました

グリーンコープは2014年から福島県のNPO法人「シャローム」が行っている「ひまわりプロジェクト」に参加しています。今年は「ひまわり油『みんなの手』」をカタログGREENの東日本大震災復興応援企画として組合員に案内し、525本の利用がありました。
12月、福島市で行われた「ひまわり感謝祭(※1)」にグリーンコープ組合員が参加した際に、「シャローム」の大竹代表へ利用代金の目録をお渡しました。参加したくまもとの中村副理事長は「2015年8月に、『子どもひまわり大使(※2)』の子どもたちを熊本にお迎えしました。交流する中で、子どもたちがとてもしっかりと福島の報告をされるのを見て、とても心強く思いました」とその時の思い出を語りながら目録を渡しました。すると「シャローム」の大竹代表から「熊本地震の一報を聞いてパン屋(シャロームの直轄事業)の店頭で募金を集めました。受け取っていただけたら嬉しいです」と熊本支援の募金を手渡されました。参加した組合員は、感謝の気持ちを伝えました。

 

大竹代表(右)と中村副理事長(左) 

大竹代表(右)と中村副理事長(左)


※1 ひまわり感謝祭
「シャローム」が、多くの支援者に感謝すると共に交流がいっそう深まることを願って開催している。
※2 子どもひまわり大使
ひまわりプロジェクトの協力者に、福島県の子どもたちが、感謝の気持ちと福島の「今」を伝えに行く交流事業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもひまわり大使がグリーンコープを訪問した時のようすを、機関紙「共生の時代」2015年10月号に掲載しています。⇒コチラ

2016年12月28日

TOPへ