2012年9月1日~3日のグリーンコープ共同体理事会メンバーによる被災地視察報告

2012年9月1日~3日にグリーンコープ共同体理事会メンバーによる被災地視察がおこなわれました

  9月1日~3日、共同体理事会メンバーが宮城県の被災地を訪れ、東日本大震災から1年半後の被災地での漁業・農業の復興支援の状況を実際に見聞きし、肌で感じてきました。

 

 
石巻市蛤(はまぐり)浜区長の亀山夫妻
(後列)と共同体理事会メンバー
 
斉藤さんの農園では、たくさんの野菜が
実っていました


その様子を「共生の時代」10月号に掲載しています。⇒コチラ

 

農事組合法人マイファーム亘理協同組合の加工用トマトが実りました

  宮城県亘理町の農業の復興をめざして栽培された加工用トマトが収穫の時期を迎え、マイファーム亘理の生産者の皆さんは収穫の喜びをかみしめています。 (栽培を始めた頃の様子はコチラ

 

 
 


その様子を「共生の時代」10月号に掲載しています。⇒コチラ

 

福祉ワーカーズによる被災地への支援報告です

  グリーンコープの福祉ワーカーズは「被災地の役に立ちたい」と、2011年6月から被災地の福祉施設にワーカーを派遣する人的支援をスタートし、2012年8月からは現地で福祉の担い手を要請する支援をおこなっています。

 

 
 


これまでの支援活動の経過と、実際にボランティアで活動してきた福祉ワーカーの報告を「共生の時代」10月号に掲載しています。⇒コチラ

2012年10月3日

TOPへ