G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(7月27日)

 【7月27日(火)】

(1)稼働人数
合計5名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親へお届けしていたお弁当ですが、先週ご本人より連絡があり、「お弁当をいつまでも無料で頂くわけにはいかないので、購入させて頂くことは出来ないか?母はパセリさんのお弁当に助けられたので、今後も食べさせてあげたい。」とのご相談をお受けしました。あいにく配食サービスパセリは人吉に展開出来ないので、手とテとてが移動販売用に作っている惣菜を試食されたところ、「凄く美味しかった。」とのことでしたので、今後は購入して頂くこととなりました。配食サービスパセリからのお弁当のお届けは昨日月曜日までで終了となりました。

(3)その他
球磨村渡地区にある仮設団地3箇所(多目的仮設団地、さくらドーム仮設団地、グランド仮設団地)と、渡地区の4箇所(境目、立野、糸原、水篠)で移動販売を行いました。
本日は31名の方が買い物に来られました。
球磨村多目的広場仮設団地では、いつもより来客が多く、5人の方が来られましたが、皆さんあまりの暑さに短時間で買い物をされて、すぐに家に戻られる感じでした。話題はオリンピック。暑いのでほとんど家におられるため、かなりの方がオリンピックを見られているようでした。
さくらドーム仮設団地では、いつもたくさん買い物をされる方が、「水害前は鮎釣りの舟を2艘もっていて、主人と息子が鮎を獲っていた。1艘の舟は無事だったが、今年は鮎は獲れていない。鮎が獲れてたら刺身で食べさせたい。」という話をされました。
グラウンド仮設団地では、今週もたくさんの方が買い物をされましたが、いったん集会所から離れた後で、社会福祉協議会の方が追いかけて来られて「まだ買い物したい人が来てる。」とのことで再び集会所に戻りました。以前よく買い物されていた方で、最近はあまりお顔を見なかった方が、「最近はずっと車を見なかったのでもう来てないのかと思っていた。近所の人に聞いたら来ているとわかったので、今日こそはと思ったけど遅かったみたい。」とのことでした。居合わせた社会福祉協議会の方が呼びに来てくださったので、久しぶりに買い物を楽しまれました。
球磨村渡地区境目では、一人暮らしの男性の方が最近とてもよく話をされます。今日は、以前はゲートボールでかなり強い選手だったというお話をされました。「若い頃は仕事で忙しく、なにもできなかったので年を取ってからゲートボールに熱中した。」とのことでした。
立野では、リクエストされた洗剤関係を一通りお持ちし、喜ばれました。今度は、「お盆用に線香を持ってきてほしい。」とのことでした。来週は線香のほか、落雁などお盆関連品も持って回りたいと思います。
糸原では、いつもの元気な女性二人組が道路脇の木陰で座っておしゃべりしながら待っておられました。たくさん購入されましたが、「もっと果物がほしい。」と、リクエストがありました。
水篠では、常連さんの小学生のお孫さんがみえていて、小さな財布を持って買い物をされました。財布の中の小銭をかき集めて、アイスクリームを箱で購入されました。夏休みでこういったお子さんの買い物も増えそうなので、アイスクリームのバラ売りやお菓子も小袋で売れるものなどを入れるようにしたいと思います。
今日も凄まじい暑さで、アイスクリームを2カゴ持って行っても売り切れました。とにかくアイスクリームは切らさないようにしたいと思います。さらに、今日は牛乳、卵、ヨーグルトなども途中で売り切れてしまいました。夏場の牛乳は、切らさないように多めに仕入れたいと思います。

     

令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年7月29日

TOPへ