G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(7月14日)

 【7月14日(水)】

(1)稼働人数
合計9名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性と、そのご両親へ夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)片付け支援作業
人吉市駒井田町の2階建てのお宅の外壁とシャッターの洗浄作業を行いました。発災後の泥が、まだ至るところに残っていました。先日、同町内で2階から荷物を下ろす作業をおこなったのですが、その時に、依頼された方が「まだボランティアで対応してくれる所がある。」と聞き、今回の洗浄依頼となりました。高圧洗浄機3台で、5人で交代しながら洗浄をおこないました。今日の人吉は34℃、水を使う作業とはいえとても暑かったです。また、エンジン式の洗浄機は水圧が強いのでよく落ちますが、その分、手や腕に負担がかかります。女性の方には少々キツイ作業でした。6月から水道代の免除がなくなりました。それまでに依頼を頂いていたら、免除期間に作業に入り、依頼された方の負担も少し軽くなったのではと思いましたが、立地条件から隣の建物が公費解体となり、更地になったので、ようやく洗浄ができるようになったとの事でした。発災から1年経つので、こういった依頼をするのは申し訳ないと思われる方が少なからずおられるように思います。また、依頼された方は、本日は体調不良との事で、作業の途中で少しだけ顔を出されて、あとは休まれていました。最近の作業の依頼は、高齢者の方が多いです。暑い日が続くので、依頼された方の体調の方にも気をかけながら作業したいと思います。

 

(4)その他
人吉市内2地域、人吉市内の仮設団地7箇所(村山あやめ、村山公園、西間第一、西間第二、石野公園、人吉城跡、梢山)で移動販売を行いました。
本日は31名の方が買い物に来られました。
村山あやめ公園仮設団地では、常連の方から、「刺身の量が少ない。」とのお声がありました。以前の仕入先と比べるとどうしても少なめではあるので、申し訳ないのですが、いつも通り、みなさん楽しそうにおしゃべりしながら買い物をされていました。
村山公園仮設団地では、初めてみえた利用者が、「子どもと食べますね。」と言われ、お惣菜を購入されました。
釜田醸造所前では、ここでも新しい利用者がいらして、惣菜や他にもたくさん買い物をされました。大変ありがたかったのですが、ここで惣菜が売り切れてしまいました。
町屋ギャラリーでは、いつものお惣菜ファンの方が待ちかまえていらしたのですが、本日は残念ながら売り切れてしまっていて、大変申し訳なかったです。
西間第一仮設団地では、「ちいさか黒ぼう」ファンの方が、今日は購入することができて、とても喜ばれました。
西間第二仮設団地では、ここで、毎回たくさん買い物される利用者は、冷凍ケーキがかなりお気に入りのようで、今回はカタログからニューヨークチーズケーキをご予約されました。日常食だけでなく、こういった「楽しみ」を提供できる商品をお届けできることもとても大切だなと感じました。
石野公園仮設団地では、常連の数名の方がお見えにならず、結果一人しか利用者の方がありませんでした。
人吉城址仮設団地では、このところ、味噌を購入される方が、「グリーンコープの味噌がとても美味しい。」と言われました。「最近は毎日、味噌汁を作って食べている。」とのことで、嬉しくなりました。
梢山仮設団地を訪問すると、今日は、5人も買い物されました。以前は少ない日も多かった梢山ですが、かなり定着してきているように思います。

  

令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年7月16日

TOPへ