G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(7月3日)

 【7月3日(土)】

(1)稼働人数
合計23名でした。

(2)本日の片付け支援
人吉市下林町で被災したお宅の壁剥がしの作業をユースのメンバー3名、一般ボランティア1名の合計4名で行いました。ユースのメンバーより、本日をもって壁剥がし作業は終了した、との報告がありました。

(3)その他
キープ&ショップくまりばで定例の「くまりば朝市」を開催しました。前回の上新朝市、前々回のくまりば朝市は、新型コロナウイルスの蔓延防止期間のため中止していましたが、久しぶりに開催する事が出来ました。昨日までの暑かった天候とは裏腹に朝からどんより雲が広がり、雨も降り出しました。今回は「手とテとて」による「手作りハンバーガー」、ワーカーズレインボーによる、チャンポン麺を使った「チャポリタン」、災害支援センターによる「から揚げ」の販売、そしてキッチンカーからは「かき氷」の試食を行いました。雨のため、外で開催するはずだった「衣類のリサイクル市」はキープ&ショップ店内で行うことにしました。その他、永田パンの「ラッキー(規格外)パン」、庄村養鶏場の「規格外たまご」、熊本県立南陵高校の生徒が作った「中玉トマト」と「きゅうり」、一勝地友尻の区長さんが作った「甘長とうがらし」、「大玉トマト」、「ミニトマト」の販売を行いました。時折り雨足が強くなったりと、悪天候の中での開催となりましたが、それでも続々と来客者が訪れました。これまでの支援活動でお世話になった方も多数お見えになり、ガラポン抽選や、それぞれの食ブース、規格外商品の販売ブースで楽しまれていました。そんな中、人吉市の松岡市長も駆けつけられ、手作りハンバーガーを購入されました。悪天候の中ではありましたが、朝市終了時間の13時を待たずに、殆どのブースが完売となる盛況ぶりでした。地域の皆様が待ち望まれているイベントに定着していっているんだな、と感じる事が出来ました。

   

令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年7月7日

TOPへ