G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月30日)

 【6月30日(水)】

(1)稼働人数
合計5名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性と、そのご両親へ夕食分のお弁当3個をお届けしました。
②人吉市上薩摩瀬町で、みなし仮設住宅に仮住まいされている、ご夫婦にお弁当2個をお届けしました。

(3)その他
人吉市内2地域、人吉市内の仮設団地7箇所(村山あやめ、村山公園、西間第一、西間第二、石野公園、人吉城跡、梢山)で移動販売を行いました。
本日は 27名の方が買い物に来られました。
村山あやめ公園仮設団地では、元気カーが到着する前から待たれていた女性の方が、お友達と会って買い物することを楽しみにされていたようで、お買い物をされてからお友達が買い終わるのを待っておられ、そのままお二人でおしゃべりされていました。元気カーが、コミュニケーションのきっかけになっていることを嬉しく思いました。
村山公園仮設では、先週、塩のりを予約された利用者と今週はお留守で会えませんでした。来週も塩のりをお持ちしようと思います。
西間第一仮設団地では、「小さか黒ぼう」が大好きな方がおられ、「いつも置いておいてほしい。」との熱烈リクエストをいただきました。
西間第二仮設では、なんと!初めてご利用される方が2名もいらっしゃいました。しかも、物珍しかったのかたくさん購入されました。ヨーグルトの予約をされた利用者もいらっしゃいましたが、「来週はワクチン接種があるけん来れんかも。」とおっしゃっていました。
石野公園仮設団地では、午後になり、暑さも厳しくなってきた時間だったので、利用者の方も「暑かねー、イライラするねー。」と言われ、「体を冷やさなんと!」と言われてアイスクリームを購入されました。
梢山仮設仮設団地では、「工事しよる人にやるけん。」と、缶ジュースを6缶まとめ買いされた方がおられました。復興が進む中、あちこちで工事が行われており、暑くなってくると工事の方達も大変かと思います。しかし、こうした被災者の方や地元の方との関わりも深まっていることも感じます。私達の移動販売に対しても、暑くなってくるにつれ、「暑い中来てくれてありがとう。」という労いの言葉をいただくことも増えています。発災から1年がたとうとしていますが、しんどいのはお互い様と思いあう気持ちを持ち続けたいと思います。

    

令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

 

2021年7月2日

TOPへ