G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月29日)

 【6月29日(火)】

(1)稼働人数
合計8名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性と、そのご両親へ夕食分のお弁当3個をお届けしました。
②人吉市上薩摩瀬町で、みなし仮設住宅に仮住まいされているご夫婦に、お昼のお弁当2個、夕飯の分のお弁当を2個、お届けしました。
本日配達に行ったところ、奥様の顔色が先週にも増して良くなっていました。動きはいつもより少し遅いように感じましたが、声のトーンがとても軽やかで、いつもの元気な奥様に戻っておられるように見えました。奥様より「皆様には本当に助けてもらいました。私も少しずつ元気が出てきたので、明日からは自分でお昼ご飯を作りたいと思います。夕飯のほうは、あと少しだけ甘えさせて頂いても良いですか?」と言われましたので、「手とテとて」に依頼していたお昼のお弁当支援は本日までとなりました。日に日に顔色が良くなってきている奥様の姿を見て、大変嬉しく思いました。ご主人も沢山ご飯を食べておられるようで、少しふっくらしたように見え、奥様の体調の回復に併せて、その表情もとても明るくなってこられています。

(3)本日の片付支援
人吉市下林町のリフォーム中のお宅で、壁剥がしの作業を行いました。作業予定の部屋には荷物が沢山あり、それの移動からの作業になりました。沢山の荷物の中には、水害後のそのままの物なのか、中に水が入ってるものもあり、水と、真っ茶色のさび汁が出てきました。今日の人吉は、最高気温30度ととても蒸し暑く、1年前の暑い中での作業を思い出しました。室内での作業でもすぐに汗だくで、休憩を挟みながら作業しました。大工さんの指示で、リフォームが済んでいる床の養生をし、壁を剥がしました。とても重い砂壁だったので、フレコンバッグに満杯に入れると重くなり過ぎて、後から人の手で抱えてトラックに積み込むのは困難なので、半分位の量で止めなければいけませんでした。フレコンバッグ2つ分の壁材を剥がす事ができました。荷物を移動する時に、不要そうな物が沢山見受けられたので、「今日、移動したものは、全ているものですか?不要な物もあるなら、今度、一緒に断捨離をしませんか?」と提案したところ、「要らないものも沢山あると思いますので、ぜひ、お願いします。」と言われました。壁剥がしの残りは、畳の張替えが済んでいる部屋だけになりましたが、荷物の整理を含めるとしばらく時間がかかりそうです。家主の方は、庭の手入れをされたりと、少し気持ちが落ち着かれている様子でした。

 

(4)その他
球磨村渡地区にある仮設団地3箇所(多目的仮設団地、さくらドーム仮設団地、グランド仮設団地)と、渡地区の4箇所(境目、立野、糸原、水篠)で移動販売を行いました。
本日は 27名の方が買い物に来られました。
今日はとにかく暑くて、アイスクリームがとてもよく売れました。これからの季節はアイスの在庫を増やしていこうと思います。
球磨村さくらドーム仮設団地では、初めて買い物にみえた男性の方が、元気カーを興味深げにながめて、「いろいろあるねー。」と感心されていました。そして、「タバコやお酒はないの?」と言われましたが、それはないとお伝えすると、海鮮丼やポテトチップ、あんパンなどをたくさん購入されました。これだけ毎週来ているのにまだ新規の利用者の方がみえるということを嬉しく思いました。
球磨村グラウンド仮設では、今日もたくさんの方がみえてお買い物をされました。テレビの取材が来ていたようで、買い物をされているところをたくさん撮影されていました。
球磨村渡地区境目では、一番奥の家に行く途中で、山を下りてきたと思われる鹿に遭遇しました。飛び出してきたら車とぶつかりかねない距離にいたのでビックリして、その後に訪ねた境目のご夫婦のところでその話をしたら、「鹿はいつも来る。うちの畑の作物もほとんど食べられるけん、にくらしかー。」と言われていました。畑の周りに網を張ったり、布団をかけておくなど、様々な対策をしていても被害は絶えないとのことです。男性の一人暮らしの方も、「植えたばかりの芋の芽を全部食べられた。」と鹿の被害を訴えられました。住民の方たちにとっては深刻な問題のようですが、一方で「一緒に生きていくしかなか。」と覚悟も決めておられるようです。
境目の一番奥の3軒で使っている水タンクが短期間で空になっており、おかしいと思って調べたところ、奥に住んでいる高齢の女性が洗濯機の水を出しっぱなしにしていたことが発覚しました。かなり物忘れがひどくなっていらっしゃるそうで、「今回は水だったからよかったものの、火を消し忘れられたら怖い。」と言われていました。高齢者の一人暮らしが多いので、そういう心配はこれから増えていきそうです。
渡地区水篠では、回っていた中で一番奥に住んでいらした女性は、「11月30日まで工事があるから当分来なくていいよ。」とのことでした。この方はさくらドームのグランドゴルフにも参加されていて、さくらドームでも何回かお見かけしているので、またさくらドームでお会いできるかもしれません。火曜日は継続的に買い物をされている方が多いので、お気に入りの商品もそれぞれにあり、今週もレンジで温めるご飯や豚味噌漬け、冷凍たこ焼きなどのご予約をされました。

  

 令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年7月1日

TOPへ