G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月28日)

 【6月28日(月)】

(1)稼働人数
合計5名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
人吉市上薩摩瀬町で、みなし仮設住宅に仮住まいされているご夫婦に、昼食と夕食のお弁当2個ずつを2回に分けてお届けしました。

手とテとての惣菜は、本来お休みなのですが、特別に作ってもらいました。いつもお昼御飯を10時前後に届けます。車を停めて、お弁当を下ろしていると、ご主人が玄関の鍵を開けドアを開けて待っておられました。心待ちにされているようで、とても嬉しかったです。ご主人はこのところ少しふっくらされてきました。奥様も、髪を切り、ヘアドネーションされたそうです。「頭の中のモヤモヤもいっしょにあげてきたの。」と言われていました。日に日に元気になっておられるようです。

(3)本日の片付支援作業
人吉市駒井田町で、2階に在宅避難されている一人暮らしの高齢者宅の1階のリフォームが終わったので、2階から大きなタンスやソファーを1階へ下ろす作業をしました。膝が悪いそうで、階段の昇り降りも大変な様子でした。リビングのソファーとタンス3つを下ろしました。何度も階段を往復し、蒸し暑い室内での作業に、汗だくになりました。途中、建具屋さんがきて、修理された120年前のタンスも運び入れました。思いの外大きなタンスで、一旦配置していたものを、やり直しました。建具屋さんのウンチクでおしゃべりに花が咲きました。休憩中に、組み立て前のローボードが目についたので、組み立てのお手伝いもすることにしました。組み立てる様子をみて「一人でぼちぼち組み立てようと思っていたけど、しゃがめない状態の私じゃ難しかったわ。今日、やってもらって良かった~。」と、喜んでおられました。小さな事でお困りの方のお手伝いは今後増えていきそうです。

   

 令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年6月30日

TOPへ