G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月25日)

 【6月25日(金)】

(1)稼働人数
合計8名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性と、そのご両親へ夕食分のお弁当3個をお届けしました。
②人吉市上薩摩瀬町で、みなし仮設住宅に仮住まいされている、ご夫婦にお弁当2個をお届けしました。肺炎を患い、ご主人の事を思い、入院を拒まれてきた奥様ですが、今日お弁当配達に行ったところ、パジャマ姿ではなく普段着にお着替えされ、昨日に比べて顔色もとても良く、ご自身でも「今日は朝から気分が良く、ずいぶん良くなりました。」と言われました。また、「災害が起こって大変な思いをしたけれども、こうやって人と繋がりが持てていることが、何事にも代え難い、私と主人の財産です。」と、言われていました。今後も見守りを行いながら、ご夫婦が元の元気な姿に戻るのを早く見たいと思いました。

(3)本日の片付け支援
人吉市下林町で被災したお宅の壁剥がしの作業を行いました。今回も大工さんに注意事項や、剥ぐ箇所等、説明いただき、慎重に作業を行いました。本日は台所の壁材を剥がしていきました。今日の人吉市内は日中の最高気温は32℃ととても暑かったので、30分おきに休憩し水分補給をしっかり行いながら作業しました。まだ半分以上のお部屋の壁剥がしが残っていますが、大工さんの施工も同時進行なので、話し合いながら進めていきたいと思います。

  

(4)その他
球磨村一勝地3地区(友尻、宮園、池下)、大瀬地区、人吉市内の3つの仮設団地(下原田第一、下原田第二、下原田第三)で移動販売を行いました。
本日は 17名の方が買い物に来られました。
球磨村一勝地友尻地区では、自宅のリフォームが終わり、今は会社のリフォーム中という方が買い物にみえて、リフォームの業者さんに差し入れするアイスをたくさん購入されました。
宮園地区では、いつも予約でヨーグルトをたくさん購入される方が、「私は毎食ヨーグルトを食べるからこれでは足りない。」と言われてさらにヨーグルトを予約されました。同じ宮園で買い物される方も競うようにヨーグルトを予約されました。みなさん、避難所にいたときにグリーンコープのヨーグルトを食べていたときから気に入ってくださっているようで、ヨーグルトが金曜日だけで10個近く売れています。もともと生乳たっぷりヨーグルトがお好きなのですが、最近はノンシュガーのプレーンヨーグルトも購入されています。宮園地区のヨーグルト人気衰えず、です。
池の下地区では、「こんなに暑いのに来てくれてありがとう。」と元気カーが立ち去るまで見送ってくださいました。
球磨村大瀬地区では、常連の方が今日はお出かけとのことで、他の方が「お金を預かってる。」と言って代わりに購入されました。お金を預けてまで買ってくださるのはありがたいことだなと感じました。
人吉市下原田仮設団地では、ここの仮設は出てこられる方はそう多くないのですが、ここでもヨーグルトは人気で今日も予約をされました。目の不自由な男性の方は、ちょうど買い物から帰ってこられたところのようでしたが、「先週は買わんだったけん。」と、購入され、ところてんや冷やし中華、餃子などの予約もされました。移動販売車が来てるから何か買わなければ、と負担になるのはよくないと思いますが、なにか買いたいという気持ちになっていただけているのならば嬉しいことだなと感じます。

 

 令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年6月28日

TOPへ