G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月18日)

 【6月18日(金)】

(1)稼働人数
合計8名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性と、そのご両親へ夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)本日の片付け支援
人吉市下林町で被災したお宅の壁剥がしの作業を行いました。大工の方に注意事項や、剥ぐ箇所等、説明頂き、慎重に作業を行わなければなりませんでした。リフォーム後の床を気にしつつ、壁を剥がしていきました。断熱材が入っていなかった為、水に浸かった高さまでの壁材の撤去で済みました。カビも酷く、壁材の小さな粉と一緒にカビも舞っていたのか、以前入られたボランティアの方はすぐに顔が痒くなったそうです。曇りの天候でしたが、長袖、クーラーなしでの作業で、すぐに汗だくになりました。本日は依頼された4部屋中、2部屋の壁剥がしが完了しました。ここのお宅へは、長い期間支援に入っています。支援に入った当初は、在宅時のみ作業に入って欲しいとの依頼で、なかなかタイミングが合わず、はかどりませんでした。しかし、今回から「鍵を置いておくので、いないときでも作業を進めて下さい。」と連絡があり、そうさせて頂きました。信頼頂けてるのだなと嬉しく思いました。今週になり、小さな作業系の依頼と相談が増えてきました。皆さん、色々な事に不安を抱えておられ、頼れる所がグリーンコープだけというお宅もあります。少しでも、安心していただけるようにしっかり傾聴し、支援していきたいと思います。

  

(4)その他
球磨村一勝地3地区(友尻、宮園、池下)、大瀬地区、人吉市内の3つの仮設団地(下原田第一、下原田第二、下原田第三)で移動販売を行いました。
本日は11名の方が買い物に来られました。
球磨村一勝地友尻地区ですが、金曜日としてはここが一番利用者が多く、木曜に芦北の「でこぽん」で仕入れてきた柑橘類が友尻だけで完売してしまいました。常連の方の姿がみえなかったので次の停車地のあとにもう一度回ってみたら、出てこられ再度立ち寄ったことをとても喜ばれました。その反応に、「頼りにされているのだな。」と感じることができました。
宮園地区では、「和風万能うまかたれ」がとても美味しいと言っていただきました。他のところでも「うまかたれ」は人気なので、元気カーの在庫を切らさないようにしたいと思います。
今日は、大瀬や下原田仮設の常連の方たちが揃って外出中のためお留守でお会いできませんでした。ただの留守ではなく、外出されているということがわかると、お元気な証拠だとわかるのでよかったです。
球磨村一勝地では今まで以上に工事車両が多く、事故などの危険も少なくないように感じました。復興が進んでいる証ではありますが、今までとは違う種類の危険も増えているように思います。今週、試飲で配った野菜ジュースはみなさんに大変喜ばれました。これからの季節は飲み物、それも身体によいものは重宝されそうです。

  

 令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年6月23日

TOPへ