G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(6月12日)

 【6月12日(土)】

(1)稼働人数
合計4名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
芦北町白石地区で住民主催の炊き出しのお手伝いをしました。朝から雨が降り、湿度も高く、蒸し暑い一日となりました。また本日は、新聞社の記者の方が、白石地区の炊き出しの取材に来られていました。炊き出しの場所をご提供いただいている方が、別の用事で、参加出来なかったこともあり、参加者はいつもより少なめの8名でした。本日のメニューはロコモコ丼、8種類の野菜スープ、デザートに甘夏レアチーズケーキでした。昨年9月からこの地区で一緒に炊き出しをしているので、皆さん、グリーンコープから持ってくる機材や備品等も勝手がわかっておられます。調理時間もどんどん短くなったので、今回から、開始時間を30分遅くしました。ハンバーグを作る際、「玉ねぎはみじん切り派かすりおろす派か。」「人参は入れる派か入れない派か。」など、各家庭でのハンバーグの作り方で盛り上がり、「あんまり噛まんでよかごと、柔らかかとが良いね。」というおばさま方のご意見で、玉ねぎも人参もすり下ろすタイプのハンバーグになりました。ハンバーグを成形しながら、「あら、どんどん大きくなっていきよる。」とか、「大きかったり小さかったりすっと、ケンカせんやろか。」と、皆さんとても楽しそうに調理されてました。ご希望通りのふっくら柔らかめのハンバーグが沢山できました。食事後は、リフォームの話や解体予定のおうちは水害の記念館にしようかなど冗談も飛び交ってました。ある方は、リフォーム中の家の前の畑に野菜を植え、畑の手入れ用の道具を入れる為の倉庫を片付けられたそうです。「野菜を手入れしにいかないとと思うので、ここに通うきっかけになるから。」と言われていました。元いた場所を離れた生活をされていると、自分の家でさえ、何かの理由やきっかけがないと足が遠のくという話に、少し切なくなりました。今日は、ワクチンの話や先日の大雨の話等、沢山の話題が飛び交いました。その中で、「今年の夏こそはなんか楽しい事がしたいね。」という話から、にじのおとメンバーより「一緒に天草かどこかにでかけたいですね。」という展開になりました。色々な所で「今年の夏は、楽しみたい。」と耳にします。グリーンコープとして「楽しい夏」のお手伝いができたら良いなと思いました。

    
   
令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年6月15日

TOPへ