G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(2月16日)

 【2月16日(火)】

(1)稼働人数
合計6名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)本日の避難所対応
①球磨村一勝地池下地区にパス牛乳、カフェミルク、ヨーグルト、納豆をお届けしました。

(4)その他
①球磨村渡地区にある仮設団地3箇所(多目的仮設団地、さくらドーム仮設団地、グランド仮設団地)と、渡地区の4箇所(境目、立野、糸原、水篠)で移動販売を行いました。
本日は28名の方が買い物に来られました。今週は規格外のりんごに加えて、リジェクトバナナを仕入れました。りんご2玉 100円は相変わらず売行き好調で、先週より数量を増やして販売しましたが、最後に訪問した地域で、完売となりました。リジェクトバナナは、ネグロスバナナを知ってもらえるように試食用として配布しました。
球磨村多目的仮設団地では「先週のりんご美味しかったよ。今日も一個お願いします。」と男性の方が来られ、それと別に惣菜を3パック買って行かれました。
球磨村さくらドーム仮設団地では、いつも元気カーが来るのを楽しみに待っておられ、野菜、惣菜、冷蔵品などいっぱい購入されました。
球磨村グランド仮設団地では、「ここでも先週のりんご美味しかったよ。今週もあるの?今日は2袋ちょうだい。」とりんごを大変気に入られた様子でした。また今日は、豆腐の需要が多く、もめん豆腐も完売しました。また、今日はいつも来られる方がお仕事で留守の為、代わりにご家族が来られ、頼まれたものを購入されていました。今日、たまたま犬の散歩をされていた方が元気カーを見て来られました。初めての方でしたが、お菓子類を買って帰られました。「毎週火曜日のこの時間に来ますので、またいらしてください。」との案内を行いました。
昼から訪問する渡地区では、毎回お買い物される顔馴染みの方がいつものように待っておられました。
お買い物後にお試し品のトイレットペーパー1ロールを「使って下さい」とお渡しすると、嬉しそうに「いつもいろいろとありがとうございます。」と大変感謝されていました。
水篠地区の一番上にお住まいの方は、「補聴器を付けていないと聞こえないので、音楽に気づかない。先週は気が付いて、玄関から出てみると、元気カーが行ってしまった。」と言われていましたので、「来週からはお家の玄関前に車をつけますね。」とお伝えすると、「そうしてもらえると助かるけど、うち1軒の為にいいの?」と言われたので、「大丈夫です。来週もお呼びしますので宜しくお願いします。」とお伝えしました。
先週、時間の案内違いで、「30分くらい待たれていたが痺れを切らして帰られた。」という水篠公民館前では、再確認した時間通りに行ったところ、今日は2人の方が待っておられました。結果3人の方がお買い物をされました。

    

②先々週の球磨村一勝地友尻地区での買い物中に移動販売のリクエストのあった球泉洞近くの旧道沿いにある松本地区と小谷地区に下見に行きました。
松本地区は4世帯の小さな集落ですが、買い物に不便している方がおられるようですので、早い段階で訪問出来るように調整したいと思います。
小谷地区は、現在は2世帯中1世帯のみお住まいでした。通常使用していた道が土石流で埋まっていた為、急勾配の細い道を登りましたが、とても危険な道でした。雨で路面が濡れてしまうと、スリップして登れなくなるような道でしたので、元気カーを登らせるのは危険と判断し対応を相談するようにしています。


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年3月3日

TOPへ