G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(2月10日)

 【2月10日(水)】

(1)稼働人数
合計6名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)その他
人吉市内4地域、人吉市内の仮設団地3箇所(西間第一、西間第二、梢山)で移動販売を行いました。
本日は23名の方が買物に来られました。本日の移動販売でも昨日と同様、お楽しみ企画でフリーズドライスープのつかみ取り(1回 100円)を行いました。今日も朝から良い天気に恵まれました。
人吉市内釜田醸造所横では、男性がお買い物に来られパン3袋とノンカップ麺を買っていかれました。
また町屋ギャラリー立山前では、元気カーが来るのを家の前で待っておられたご夫婦の方が来られ、規格外りんごや惣菜など買って帰られました。また、常連の方は「カフェミルクと惣菜が美味しすぎて、毎回買ってしまうのよね。」と嬉しそうに、いつもの商品を購入されていました。お楽しみ企画のフリーズドライスープのつかみ取りでは、楽しそうに「何個取れるかな」と言いながら挑戦されていました。本日の最高記録の7個も取れて大変喜ばれていました。一人暮らしの男性の方が「先週試食して購入した味噌汁がとても美味しかったので」と、なんと一人で9袋も買っていかれました。
とやまクリニック隣では、「子どもが冷凍の豆腐バーグが美味しいと言っていたから、またお願いします。」と言われました。元気カーを通してグリーンコープの商品に出会い、その美味しさを実感していただき、商品のリクエストをしてくれる方が増えていることに嬉しい気持ちになります。
西間第一仮設団地では、災害前まで車を自ら運転し、最近まで入院していたという96歳の女性のお部屋を訪問したところ、最近介護施設に入られたようで、「お買い物もお世話される方が付き添いでお店に連れて行ってくれる」とのことでした。
西間第二仮設団地では、毎週、商品のリクエストをされる女性が野菜、パン、牛乳、お菓子、豆腐、その他乾物を沢山購入されました。今日もお漬物や、野菜、ヨーグルト等様々にリクエストされたので、「また来週お持ちしますね。」とお伝えしました。

    


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年2月16日

TOPへ