G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(2月6日)

 【2月6日(土)】

(1)稼働人数
合計11名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)本日の片付支援
人吉市温泉町のお宅の作業に入りました。
前回に引き続き、今回も壁の石膏ボード剥がし、システムキッチン等、残りの建具の取り外しを行いました。本日は人数も多かったため、作業効率が上がりました。仕事の合間に依頼者の方が来られて、「いつもありがとうございます。」と一人ひとりに挨拶されていました。
本日作業に参加された一般ボランティアの女性の方は、人吉市内にお住まいの方で、昨年7月の豪雨災害で自らも被災されている方でした。「自分の家にボランティアの方が入って頂いたおかげで再建に向かう事ができた。感謝してもしきれないくらい有難かった。恩返しの気持ちで、今度は誰かのために役に立ちたいと思い、ボランティアセンターに行ったが、新型コロナの影響で募集がなく、作業に入れる場所を探していたところに、人づてに人吉球磨youth powerのメンバーと繋がることが出来た。自分ひとりの力は微力ではあるが、少しでも役に立てる事が嬉しい。」と言われ、楽しそうに作業されていました。「また今後についても引き続き、ここの現場に入って手伝いたい。」と言われていました。
本日の昼食は、にじのおとのメンバーの方が朝から人数分のお弁当を作ってきてくださいました。皆さんとても美味しそうに食べておられました。
次回は来週金曜日に作業再開します。

    


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年2月15日

TOPへ