G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(2月3日)

 【2月3日(水)】

(1)稼働人数
合計6名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)その他
人吉市内4地域、人吉市内の仮設団地3箇所(西間第一、西間第二、梢山)で移動販売を行いました。
本日は22名の方が買い物に来られました。本日の移動販売でも先週同様にフリーズドライスープの試食を行いながら、オニオンスープ、豚汁、味噌汁をお勧めしていきました。今日は朝から良い天気に恵まれましたが、空気がとても冷たく、風が強く吹いていた為、とても寒く感じました。人吉市内の地域では、いつもの常連の方が来られ、「今日の惣菜は何かな?」と楽しそうにお買い物をされていきました。
西間第一仮設団地では、災害前まで車を自ら運転していたという96歳の女性が、久しぶりに出て来られました。2ヶ月ほど入院されていたようですが、久々に元気な姿が見れて、とても嬉しい気持ちになりました。免許証を返納してからは自由に買い物にも行けなくなり、押し車を押さないと歩行が困難なため、元気カーが来るのをとても楽しみにされていた様子でした。お買い物をされた後は、手とテとての男性スタッフが買い物した品物を玄関まで運んでいました。押し車を持ち上げることが困難なため、玄関の中まで運びました。
最後に訪問した梢山仮設団地では、先週商品のリクエストをされた方やいつも来られる方があいにくお留守のようでした。またしばらく経ってから、足の悪い高齢の方が杖をついて、ゆっくり出て来られるのが見えたので待っていました。「週に一回はお友達が買い物に連れて行ってくれるけど、その他は全く出歩くことが出来ないので、あなたたちが来てくれるのなら本当に助かる。」と言われていました。「毎週水曜日のこの時間に来ています。」と話すと、「えっ、毎週来てくれるの?」と嬉しそうな表情をされました。「また来週この時間に呼びに行きます。」とお伝えしました。

    


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年2月10日

TOPへ