G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(1月27日)

 【1月27日(水)】

(1)稼働人数
合計5名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)その他
人吉市内地域4箇所、人吉市内仮設団地3箇所(西間第一、西間第二、梢山)で移動販売を行いました。
本日は21名の方が買い物に来られました。キッチンカーでの炊き出しを自粛している代わりに、昨日同様にフリーズドライ味噌汁の試食を行いました。実際食べて頂いてからの反応は良くて、全部で24パック売れました。
本日は朝から良い天気に恵まれ、お昼には春のような陽気となりました。
西間第一仮設団地では、高齢の女性が、「いつもの若い男性の方は?」と言われ、「今日はたまたま休みです。」と答えると「じゃあまた来るのね、ならいいわ。」と安心された様子でした。仮設団地の方と元気カーのスタッフとの関係性が徐々に築いていけていることを実感しました。
梢山仮設団地では、いつも買いに来られる女性が、買い物をされたあと、グランドゴルフの道具を持って再び外に出て来られました。「人吉市役所より、敷地内の空いているスペースをグランドゴルフに使用する許可が出た。朝と夕方は仲の良い近所の方とグランドゴルフが出来るようになったから嬉しい。」と言われていました。「仮設団地に移ってから、今まで自宅でしていた庭いじりや家庭菜園も出来なくなった。主人と二人共身体が鈍ってしまうので、しばらくは団地近辺をウォーキングしていたが、工業団地内の景色ではとてもつまらなかった」という様子を以前から伺っていました。グランドゴルフが出来るようになり、とても嬉しそうな表情を見て、大変良かったと思いました。

     


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年2月1日

TOPへ