G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(1月26日)

 【1月26日(火)】

(1)稼働人数
8名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)本日の避難所対応
①球磨村一勝地池下地区にパス牛乳、カフェミルク、納豆、ヨーグルトをお届けしました。

(4)その他
①球磨村渡にある球磨村多目的広場仮設団地、同さくらドーム仮設団地、同グランド仮設団地、渡地区4箇所(境目、立野、糸原、水篠)で移動販売を行いました。
先週まで元気カーに同行させていたキッチンカーですが、人吉市内で新型コロナ感染者が増えてきたこともあり、今週の運行については取り止めにしました。本日は朝から雨模様でしたので、出て来られる方が少ないのではないかとの心配がありました。しかし仮設団地で、いつもより音楽のボリュームを大きめに鳴らして、繰り返しマイクで情宣したところ、何が来たのだろうと思われたのか、初めての方が数人出て来られ、お買い物をして行かれました。
渡地区では、フリーズドライの味噌汁等を試食で提供しお勧めしました。中には「手作りみたいに美味しい」と言われて数個買われて行かれた男性もいました。
先週、球磨村広報誌で元気カー運行の記事を見たお二人の方が道端で待っておられた糸原では、お二人の家を教えて頂いていました。今回は雨の為被災した道路は不整地で足元が悪かったので、それぞれの家の前まで行き、お買い物をされました。お二人共にお元気そうで良かったです。
先週から新たに訪問を始めた水篠では、先週誰も来なかったのに対し、本日はお一人が待っておられました。音楽を鳴らしていると、徐々に人が来られて結果5人の方がお買い物されました。その中の一人の女性の方より、上の段に点在する数軒の中に車を持ってない高齢の一人暮らしの女性が居るという情報がありましたので、安否確認も兼ねて来週から訪問することにしました。
雨模様で気温も下がってきたためか、全体的に出てこられる方はいつもより少ない様子でしたが、新しい訪問先で新たな出会いがあり、少しずつ元気カーの認知度も上がってきている事に、とても嬉しい気持ちになります。

    

②グリーンコープ生協くまもと県南地域本部の地域理事長と職員の2名で、年末に未入居のためお届けできていなかった生活応援セットのお届けに鬼木仮設団地と川上哲治記念球場仮設団地の2ヶ所へ再度伺いました。
鬼木仮設は、その後3軒の入居があっていることが判り、内2軒の方へお届けすることができ喜ばれました。川上哲治記念球場仮設は、まだまだ未入居が多く、2軒の新入居があっていましたがご不在のためお届けができませんでした。
次回は事前チラシの配布を行い、ご不在時でもお届けできるように改めて配布に伺いたいと思います。前回は未入居が多く気になっていましたので、入居状況が分かっただけでも伺った甲斐がありました。


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年2月1日

TOPへ