G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(1月13日)

 【1月13日(水)】

(1)稼働人数
合計6名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)その他
人吉市内4箇所と西間第一仮設団地、西間第二仮設団地、梢山仮設団地で移動販売を行いました。
本日は19名の方が買い物に来られました。お昼から訪問する仮設団地のみに限定し、本日も昨日同様、元気カーにキッチンカーを同行させて、温かいスープ(ミネストローネ)の炊き出しを提供しました。
西間の仮設団地では車で戻って来られた方がキッチンカーの存在に気がついて、「人吉新聞に出ていましたよね。」と言われました。炊き出しのスープを「香りから美味しそうですね。」と嬉しそうにお持ち帰りされました。他には常連のご高齢の方から「いつも助かっています。キッチンカーも始められたそうで頭が下がります。多くの方に支援をして頂いて感謝しきれません。ミネストローネとても美味しいです。ありがとうございます。」と感謝の言葉をいただきました。
梢山仮設団地では、いつもの常連の方が来られました。久しぶりにお会いでき、お元気そうな様子で、良かったです。仮設の各部屋を訪問し、キッチンカーでミネストローネの炊き出しの案内をしました。高齢の男性の方が2名来られ、こちらでもキッチンカーが「人吉新聞」に掲載されていた事をご存知で、今後の支援を期待されている様子でした。
ミネストローネが余ったので、西間キープへキッチンカーで移動し、組合員さん向けに炊き出しを行いました。キープの組合員さんや近所の方達が来られ、キッチンカーからミネストローネをお渡しすると美味しそうに食べておられ、とても喜ばれました。

     


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年1月19日

TOPへ