G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(1月12日)

 【1月12日(火)】

(1)稼働人数
合計7名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者の夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)本日の避難所対応
球磨村一勝地池の下地区の在宅避難者にパス牛乳、カフェミルク、ヨーグルト、納豆をお届けしました。

(4)その他
球磨村渡地区にある、3つの仮設団地4箇所と、渡地区の境目、立野、水篠で移動販売を行いました。
本日は球磨村仮設団地18名、境目地区2名、立野地区3名の計23名の方が買い物に来られました。今回は初めて元気カーにキッチンカーを同行させて、温かいスープ(ミネストローネ)の炊き出しを提供しました。年明けて最初の移動販売という事もあり、毎回来られる方がお留守だったりで在宅者数が少ない様子でしたので、炊き出しがある事をお伝えしながら訪問しました。訪問していくと徐々に人が集まって来られて、お買い物をされていました。今回初めての方も数人おられました。初めての方には、来週からこの時間に毎回来ますので、と丁寧にお伝えすることができました。スープをお渡ししたらとても喜ばれました。
お買い物に来られた境目、立野地区の方は皆さんさんお元気そうで、よかったです。お正月はコロナ禍の影響で子どもさんやお孫さん達に会えなかったそうです。「今年も宜しくお願いします」と言われ、元気カーが定着してきたのだと思いました。

    


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年1月19日

TOPへ