G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(1月10日)

 【1月10日(日)】

(1)稼働人数
合計33名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者への夕食分のお弁当1個をお届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当3個をお届けしました。

(3)その他
①上新町キープの向かいのお宅の敷地をお借りし、「かみしん朝市」と「キッチンカーお披露目会」を同時開催しました。
2021年明けての第一弾のイベント開催となりました。前日からの雪模様も落ち着き、朝から青空が広がり朝市日和になりました。今回もスタッフ、来場者に検温、マスク(フェイスシールド含む)着用を徹底し、コロナ感染防止対策に努めました。
開会の「キッチンカーのお披露目会」でグリーンコープ生協くまもとの高濱理事長、馬渕地域理事長、手とテとて代表、キッチンカーデザイナーの4名によるテープカットを行い、高濱理事長が挨拶の中でキッチンカーを作った想いとこれからの運用について話しました。続いてキッチンカーのカラーリングをデザインした、手とテとて副代表より今回のデザインのコンセプトについて話し、朝市のスタートとなりました。
今回は振舞いとして、手とテとてのメンバーによりキッチンカーを使って「ミネストローネ」「つぼん汁」、食育の会わくわくからは、「クレープ」と「コーヒー」、災害支援センターからは「白玉ぜんざい」の他、焼き芋販売、ハピネスからは「小さなパン屋さん」によるパン販売、レインボーから、特別企画商品の100円市を行いました。またアーチによる朝市では、グリーンコープの新鮮な「青果物」と「たまご」、「規格外のりんご」の販売をしました。
振舞いは全てどれも大好評でお昼頃には無くなりました。青果物はキャベツ、人参、大根、白菜、トマト、ピーマン、ほうれん草、ブロッコリー、きゅうり、レンコン、いちご等、32品目、約320点程準備しました。「グリーンコープの野菜は安心で新鮮なので、買いに来ました」とおっしゃって一人で10点程買われ、両手一杯に袋を提げて行かれる方もおられました。また振舞いとしてネグロスバナナを配り、皆さんに大変喜ばれました。特に集中して来られる様子はありませんでしたが、来られた殆どの方が買っていかれ、大好評でした。
久しぶりに再会された方もおられ、買い物後も暫く談笑されたりして終始賑やかな様子でした。途中、元気くんが登場し、「元気くんとジャンケン」を行い、子ども達には「お菓子詰合せ」を配布しました。お菓子を貰った子ども達も大喜びの様子でした。
特別企画品の100円市は生活用品中心に用意しました。「まだ生活用品が揃ってないので助かります」という声が聞けました。来られた方は楽しそうにお買い物されていました。昨年の衣類の100円市から毎回来られている方に「いつもありがとう」と感謝され、地元の方との距離が縮まっている事を実感しました。
令和2年7月豪雨災害で被災され住まいや生活が大きく変わった方がたくさんいらっしゃると思います。朝市の開催が皆さんのコミュニティの場として定着していけたら良いと思いました。

     


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2021年1月13日

TOPへ