G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(12月17日)

 【12月17日(木)】

(1)稼働人数
5名でした。

(2)昼食、夕食の配布、地域での炊き出し
①球磨郡球磨村にある「高齢者生活福祉センターせせらぎ」に、在宅被災者への夕食分のお弁当を1個お届けしました。
②人吉市下林町の自宅で在宅避難されている女性とそのご両親の夕食分のお弁当を3個お届けしました。

(3)その他
①人吉市内の村山あやめ仮設団地、村山公園仮設団地と芦北町白石地区、球磨村神瀬(日当地区、永椎、四蔵、松野)、球磨村一勝地(友尻、宮園、池下)で移動販売を行いました。本日は、25名のかたが買い物にこられました。
人吉市の村山仮設団地では、4名の方が来られ、初めての方が2名来られました。お昼ご飯用に惣菜をたくさん買って行かれました。毎週金曜日に炊き出しのお手伝いをしている芦北町の白石地区の豆腐店の「豆腐」と「あげ」を仕入れて販売しました。大好評で、完売しました。また4名の方が来られ、冷凍調理品や惣菜をたくさん買って行かれました。皆さん、明日の炊き出しを楽しみにされている様子でした。
日当地区では1名の方が到着を待っておられました。早く河川の修復工事の目処がたたないと、とても怖いとおっしゃっていました。
その後、永椎地区を移動していたら「販売に来て欲しい」と高齢の男性の方に呼び止められました。3名の方が来られ菓子パンや調理冷凍食品を買って行かれました。皆さん仮設に入居されていますが、日中は帰って来て家の事をされているそうです。仮設と自宅の往復で大変な様子でした。来週も伺うことをお伝えしたらとても喜ばれました。
友尻地区では、区長さんが買い物に来られ、移動販売の支援について大変感謝されました。12月26日(土)の「餅つき」を楽しみにされている様子で、当日の案内チラシを準備されていました。
訪問先で、常連の方が多く来られる様になり移動販売が少しずつ定着してきている様子です。また、今回から永椎地区への移動販売に伺えるようになり良かったです。今後も訪問を行いながら、地域に定着していけたら良いと思いました。

    


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2020年12月24日

TOPへ