G
C
W
e
b




  ログイン

令和2年7月豪雨(くまもと)の災害支援活動の報告です(8月18日)

 【8月18日(火)】

人吉エリア

(1)物資の受け取り状況
2名の方が受け取りに来られました。

(2)昼食、夕食の配布、避難所での炊出し
球磨郡球磨村渡の在宅被災者の夕食分のお弁当23個を個人宅にお届けしました。
球磨郡球磨村にある避難所「高齢者生活福祉センターせせらぎ」近隣の在宅被災者の方々へのお弁当5個を、受渡し場所のせせらぎにお届けしました。
人吉市下薩摩瀬町、相良町、九日町に食事の準備が困難な方々のための昼食として、グリーンコープの配食ワーカーズパセリのお弁当をお届けしました。本日は17個お届けしました。

(3)避難所対応
球磨村の避難所である高齢者福祉センターせせらぎに、牛乳、納豆、ヨーグルトをお届けしました。
球磨村の避難所である、「一勝地温泉かわせみ別館」に、牛乳、納豆、ヨーグルトをお届けしました。
球磨村の避難所である、「田舎体験交流館さんがうら」に、牛乳、納豆、ヨーグルトをお届けしました。
人吉市の避難所である中原小学校に牛乳をお届けしました。

(4)本日の片付支援作業
球磨村一勝地淋(そそぎ)地区の家財の搬出を行いました。一勝寺の方から、淋地区を見て欲しいとお盆前に依頼され、昨日8月17日(月)から球磨村一勝地淋地区の災害支援に入っています。淋地区は9世帯がお住まいの集落で、先祖代々この集落で暮らして来られた方々です。今回の水害で全世帯被災され、3世帯は淋地区から出て暮らすことを決められており、家屋を再建する意思を固められているのが1世帯です。他のみなさんは今後どうするかを検討されています。
人吉市温泉町の組合員宅の土砂出しを行いました。人数次第ではあと2週間はかかると思っていましたが、本日で終了しました。

     

(5)その他
昨日8月16日に一般ボランティアの方から、「一勝地大坂間の先の球泉洞駅の駅前と河川の間に2軒のお宅があったが、家屋の基礎もろとも流されて5人の方がお亡くなりになった」と伺いました。本当に酷い災害です。
八代市坂本町にあり被災して休業している店舗に、冷えたお茶と冷えたスポーツドリンク各12本、氷1箱、氷10袋 をお届けしました。建物内部の片付けのお手伝いをしている方が数名おられました。 この店舗のご夫婦にお会いし、お話ししたところでは「砂埃が舞うので防塵マスクがあれば助かります」とのことでしたので、手配したいと思います。
八代市坂本町にある、旧田上小学校(八代市坂本災害支援ハブセンター) に、水、スポーツドリンク、お茶、それぞれ10ケースずつ、計30ケースをお届けしました。「水は出るようになっているもののカルキ臭が相当強く、色も濁っているので、直接飲用や料理には使われていないのでは」とのことでした。 他団体からも水は届いてはいましたが、まだまだ必要だろうとおっしゃっていました。


坂本町への飲料水のお届け


坂本ハブセンター看板


令和2年7月豪雨災害支援一覧へ

※現地での災害支援のようすをインスタグラムでご報告しています。
ぜひフォローして応援してください!コチラ

2020年10月6日

TOPへ