西日本豪雨水害の復興支援報告です(12月2日~6日)

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月6日(金)

【真備町呉妹幼稚園で餅つきを行いました】
・呉妹地区は小学校の全校生徒が50人ほどで周りを山で囲まれたところです。
豪雨の際は一番最初に堤防が決壊した地区で被害も大きかったのですが、真備町の一番奥にあり中心地から離れている為、今まで支援が行き届かなかったところです。今回の餅つきには園児15人、先生、父兄、近所の方、老人会、社会福祉協議会など合計60人と多くの住民の方が参加されました。
・最初に備品などを消毒し、みんなで餅つきをしました。合計12回つき、父兄の方や老人会の方々が代わる代わる、ついていました。子どもたちも、よいしょ、よいしょと言って楽しく、そして上手についていました。ついた餅はお母さん方がわいわい言いながら丸めていました。
・豚汁はグリーンコープが食材と機材を提供し父兄の方々が作りました。
焼き芋は幼稚園の芋ほりで掘った芋を使いました。品種は紅はるかでとても甘くておいしく大好評でした。
・つきたてのお餅はみんなでおいしくいただきました。今回は変り種トッピングとして、あんこにバターを載せて、その上にりんごジャムをのせました。意外な組み合わせですが、子どもからお年寄りの方々、みんな喜ばれました!
・最後に、園児たちが並んで、「グリーンコープさん、今年も餅つきをしてくれてありがとうございました」と言って、首にメダルをかけてもらいました。
終了後、園長先生から「大成功でみんなとても喜んでいました。ありがとうございます。」とお礼の言葉をいただきました。
今回、幼稚園に地域の方々が集まって、一緒に餅つきを行い、楽しんでいただけたことで地域が繋がるお手伝いが出来たと思います。
  
  
  
  
  

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月5日(木)

・職員1名と個人商店の方で、安浦地区の買い物支援を行いました。

【安浦市営住宅】
・たくさん購入していただきました。

【女子畑】
・いつもいらっしゃるご高齢の方が来られませんでしたので、ご自宅を訪ねましたがお留守のようでした。

【中畑】
・本日はみなさんお寺の掃除の手伝いに行かれて、買い物に来られる方が少なかったです。

 

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月5日(木)

【餅つきの準備をしました】
・6日に餅つきをする呉妹幼稚園へ機材を搬入しました。
先生たちも園児たちも元気に挨拶してくれて、「明日はよろしくお願いします。」と、とても楽しみにされていることが分かりました。
搬入は先生方にも手伝っていただきました。搬入後、翌日の打ち合わせを行いました。テントや駐車場の場所、餅つきの手順、参加者の役割を確認しました。

◆12月4日(水)

【餅つきの準備をしました】
金曜日の餅つきの準備をしました。
・もち米を洗い、備品の積み込みやプロパンガスの補充、杵の手入れ、焼き芋の機械の整備・確認などの準備を行いました。

 

◆12月3日(火)

【餅つき備品の点検をしました】
・グリーンコープ生協おかやまのセンターの駐車場にブルーシートを敷いて、餅つきの備品を並べて手順を確認し、全て洗浄し乾燥させました。

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月2日(月)

・職員1名が小屋浦と坂で買い物支援を行いました。

【小屋浦4丁目】
・ここ最近来られる人が少なくなってきました。
町の生活も大分落ち着かれてきた様にも感じます。

【小屋浦坂町有住宅】
・久しぶりの方が郵便局に行く途中で来て下さいました。お出かけ前なので、冷蔵品は買えないからとドライ商品を買われました。

【坂平成ヶ浜住宅】
・先週お話をした際に「来週は来れないから」と言われていたのですが、「やっぱり来た」といつも通り色々とお話をして帰られました。毎週ここで話をするのを楽しみにして下さっています。
・今日は、もう1人初めて来られた方がいました。たまごやパン、個人商店の惣菜やあられ(久助太郎)など購入されました。

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月2日(月)

【前日イベントの片付けを行いました】


西日本豪雨支援一覧へ

2020年1月15日

TOPへ