熊本地震復興支援12月25日~28日の報告です

【12月28日(土)

(1)西原村の災害公営住宅、山西団地の餅つき
・西原村の災害公営住宅山西団地で餅つきをしました。グリーンコープ生協くまもとの組合員1名、職員2名、災害支援センター6名で行きました。
・餅つきと豚汁をしました。天気もよく団地の多くの方に参加していただきました。参加者は20名でお子さんも数名来られました。
・ついた餅をちぎったり、丸めたり住民の方に協力していただきました。お子さんにも餅つきをしてもらい楽しそうでした。住民の交流ができて良かったと思います。豚汁も好評でおかわりをされる方もいらっしゃいました。
・最後に区長さんよりイベントやサロンの開催で団地内のコミュニュティづくりに協力いただいて大変感謝しているとお礼の言葉をいただきました。
   

 

【12月27日(金)

(1)益城町の被災者宅の掃除支援
・スタッフ2名で益城町の被災者宅の掃除にいきました。前回の続きで庭木の剪定を行いました。玄関の横のもみじの木をとても大事にされており、きれいに剪定したらとても喜ばれました。生垣のお隣に面した場所と南側も剪定してもらいたいとの希望がありましたので、後日伺いますとお話ししました。
   

(2)グリーンキッチンの掃除
・いつもイベントの準備で使っているグリーンキッチンを掃除しました。換気扇、窓拭き、床を掃除し、予想以上の汚れで大変でしたがきれいになりました。

 

【12月25日(水)】

(1)田崎商店へ惣菜のお届け

(2)元気カーによる移動販売
・7ヵ所で買い物支援を行いました。
・目が不自由なため毎週訪問している木山西仮設の方が、4月に災害公営住宅へ転居されます。熊本県から引越し支度金やエアコン等の設置料金が出ることをご存知ないようでした。木山仮設の訪問委託をされているYMCAに伝えます。

  


熊本地震支援一覧へ

 

2020年1月15日

TOPへ