2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月27日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月27日(金)

<大町町災害支援>
(1)在宅被災者支援
1)下潟公民館物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、ヨーグルトや野菜、冷凍食品などの物資をお届けしました。

(2)配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に食事(弁当)支援と食料支援を行っています)
・昼食用の弁当 3地区5世帯で9食
・夕食用の弁当 2地区2世帯で6食
中島地区の1世帯(3食)が、修繕工事が完了したため、本日までで配食終了となりました。

<その他>
(1)下潟公民館での炊き出し
本日は年内最後の炊き出しを下潟公民館で開催しました。
今回は、年内最後ということで、グリーンコープの調味料でつゆを作り年越しそばとおにぎりを地域の被災者の方に振舞いました。天気は晴れでしたが、風が冷たく寒かったので、温かいそばを皆さん喜んで召し上がっておられました。
また、これまで大町町の避難所や下潟公民館に衣類などを提供していただいた、Heart one Arkというヒーリングハンズ(アロマとマッサージ)の活動をされている団体によるアロママッサージがあり、被災者の方の疲れをほぐしていただきました。こちらも「気持ち良かった~」と、皆さんとても喜ばれていました。

     

(2)大町町へ年末の挨拶
大町町役場と、避難所となっていた大町福祉保健センター(美郷)に年末の挨拶に伺いました。
大町町の副町長や職員の方から「本当にありがとうございました」とお礼の言葉をいただきました。

 


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2020年1月10日

TOPへ