2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月25日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月25日(水)

<大町町災害支援>
(1)在宅被災者支援
1)下潟公民館物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、牛乳やヨーグルト、冷凍食品などの物資をお届けしました。

(2)配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に食事(弁当)支援と食料支援を行っています)
・昼食用の弁当 3地区5世帯で9食
・夕食用の弁当 2地区2世帯で6食

(3)地域被災者への見守り支援、訪問活動
本日の大町町との協議で、武雄市北方町を拠点に活動されている「おもやいボランティアセンター」が大町町内で床下浸水したお宅の土砂かき支援を行った際に、食べものなど生活に困っておられるという情報を引継ぎ、訪問しました。
自営業をされている方で、お店は通常通りの営業をされていました。修繕工事中ではありますが、炊事できる環境は整っており、食事も自炊やコンビニ弁当で摂っているとのことでした。自家用車も所有され移動手段もあるようで、現時点で困ったことはないとのことでした。

<その他>
(1)大町町との協議
大町町、SPF(佐賀災害支援プラットホーム)と連携して行っている被災者の調査に基づいて、先週の定例協議会以降にグリーンコープが行ってきた支援状況について報告し、他団体の支援の進捗状況を共有しました。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2020年1月10日

TOPへ