2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月20日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月20日(金)

<大町町災害支援>
(1)在宅被災者支援
1)下潟公民館物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、牛乳やヨーグルト、冷凍食品やドライ品等の物資をお届けしました。

(2)配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に食事(弁当)支援と食料支援を行っています)
・昼食用の弁当 3地区5世帯で9食
・夕食用の弁当 2地区2世帯で6食

(3)地域被災者への見守り支援
本日は、みなし仮設入居者1世帯と在宅被災者2世帯の見守り訪問を行いました。
1軒目は、みなし仮設にて高齢のご夫婦と障がいがある子どもさんで生活をされています。奥様は足が不自由で長時間の家事をすることが出来ない状態です。
自宅で炊飯器が被災し、困っているとのことでしたので、レトルトご飯をお届けしました。
2軒目は、床上浸水の被害に遭われ、炊事が出来る環境がなく、グリーンコープで配食支援を行っています。
自宅の修繕を行うための見積もりが何度も修正となり時間が掛かってしまい、修繕工事の着工は年明けになるとのことです。それまでは、自宅2階をメインに生活される状況です。
3軒目は、高齢のご夫婦で移動手段がないため、大町町から提供されたタクシー券をお届けしました。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2020年1月6日

TOPへ