2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月18日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月18日(水)

<大町町災害支援>
(1)在宅被災者支援
1)下潟公民館物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、牛乳やヨーグルト、野菜等の物資をお届けしました。

(2)配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に食事(弁当)支援と食料支援を行っています)
・昼食用の弁当 3地区5世帯で9食
・夕食用の弁当 2地区2世帯で6食

(3)地域被災者への見守り支援
本日は、1世帯の在宅被災者の見守り訪問を行いました。
油被害があった下潟地区で被災され、自宅は解体し現在は倉庫の2階の狭いスペースで生活をされています。
調理が出来る環境も整っていないため、レトルトごはんやレトルトカレーなどをお届けしました。

<その他>
(1)大町町との協議に参加しました
大町町、SPF(佐賀災害支援プラットホーム)と連携し行っている被災者の調査について、進捗状況を共有しました。
移動が困難な世帯には大町町が配布しているタクシーチケットをグリーンコープが引継いで今後配布していきます。
また、調査結果で油の臭いやカビ臭被害の可能性がある世帯についても、グリーンコープが再訪問を行い、状況によって、大町町から依頼された脱臭器の設置を行います。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2020年1月6日

TOPへ