九州北部豪雨災害支援の報告です(12月12日・14日)

 

【12月14日(土)】

<林田災害公営住宅での餅つき>
・杷木コミュニティ協議会とグリーンコープ主催で、新たなコミュニティ作りの一環として、林田災害公営住宅の皆さん・地域の皆さん・朝倉市の林市長も参加いただき、一緒に災害公営住宅の集会所にて、餅つきを行いました。
・「日頃は、外出したり団地の皆さんと一緒に交流する機会がないのでこういう機会があって楽しかった。」「餅つきも10年振りだった」といわれた団地の方も居られました。大根おろしの餅・きな粉餅など食べながらの交流会でした。
・また、参加できなかったお宅には、ワーカーズともにの皆さんが年越しそばを1軒ずつ配りながら現状の様子を伺うなどして、訪問されました。

      

<本日の支援者>
・グリーンコープ生協ふくおか 南地域本部:2名、筑紫支部:2名、筑後支部:1名
・ワーカーズともに:6名
・抱撲館福岡:4名
・グリーンコープ生協おおいた 日田センター:1名

 

【12月12日(木)】

<見守り訪問>
・テレビ局が同行取材をされました。

(1)朝倉市佐田にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
月に2~3回、近くの公民館で地域の方々と交流会(サロン)に参加されているそうです。
元気な様子で、お正月もご家族と一緒に過ごされるとのことです。

(2)朝倉市黒川にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
奥さんが入院されているので、寂しいといわれていました。
お正月は、ご家族が戻られる様子で、楽しみにされていました。

(3)朝倉市杷木下池田にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
毎回、私たちの訪問を楽しみにされており、話が止まらない様子でした。
ご高齢ですが、ご近所とも仲良くなられ、地域に溶けこまれている様子が伺えました。

(4)朝倉市杷木にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
発災後は、精神的にも相当辛そうにしておられましたが、現在は、冗談交じりの話を大笑いしながら話されるくらい明るく、元気になられていました。
お正月は、ご家族が来られて過ごされるとのことで楽しみにされていました。

(5)仮設から自宅に戻られた、朝倉市杷木にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
私たちの訪問を楽しみにしておられ、元気に過ごされていました。

(6)朝倉市宮野の自宅にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
ご本人はお元気な様子でした。今日も定期的に行っている近くの病院の電気治療から帰ってこられたところでした。
日常は自宅横の家庭菜園で野菜などを作ってあり、子どもさん達が来た時に渡すことを楽しみにされている様子でした。

(7)朝倉市須川の自宅にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
柿の生産をされている方で、当日はお元気に柿の剪定作業をされていました。
ご本人は80歳代ですが、一人で柿の生産をされており、新しい品種を植えられたり頑張っておられる様子でした。

(8)朝倉市杷木古賀の自宅にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
ご本人はお元気な様子でした。80代後半の方ですが趣味でされている手芸の作品をいろいろと見せていただきました。
また、月1回はらくゆう館で開かれている手芸教室にも欠かさず行っておられる様子でした。

(9)朝倉市杷木寒水の自宅にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
ご本人はお元気な様子でした。前回の訪問後、夏過ぎに少し疲れて動けなくなっていたとのことでした。
新築をして新しい家に引っ越したことや道の駅に惣菜を作って出してあったり、疲れが一気に出た感じだったとのことでした。
現在は無理をせず、惣菜の出荷や趣味の甘木しぼり(藍染)などを楽しくやっているとのことでした。

(10)朝倉市杷木松末の被災されたお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
うきは市吉井のみなし仮設住宅から新築した家にお引越しをされる予定で、当日は被災した自宅の荷物を整理されているところでした。
新しいお住まいは、娘さんのご家族と一緒に住まわれるとのことで、新年は新しいお家で一緒に迎えられることを楽しみにされている様子でした。

(11)朝倉市上秋月の自宅にお住まいのお宅に、支部委員長と職員で訪問しました。
空き家を購入しリフォームをされた方ですが、ご本人は左官の仕事されていたこともあり、今回も新たに自宅入り口の通路が整備されていました。
家が広く、片付けもまだまだの様子でした。たまに魚釣りや美味しいものを食べにいったりしているということでした。

(12)朝倉市柿添の復興支援住宅に移られたお宅に、職員が訪問しました。
ご本人はお元気な様子でした。みなし仮設住宅から移動先を決める際はいろいろ悩んでおられる様子もありましたが、「ここの住宅にして良かった」とのことでした。
先週土曜日の夜の交流会にも来ていただており、復興住宅には、以前住んでおられた松末の方も数名おられることからもよかったようです。
12/21(土)の餅つきにも是非来てくださるように案内してきました。 

<本日の支援者>
・グリーンコープ生協ふくおか 筑紫支部・久留米支部・大牟田支部の各支部委員長:3名



九州北部豪雨災害支援一覧へ

2019年12月18日

TOPへ