2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(12月10日)

 

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆12月10日(火)

1、大町町災害支援
(1)在宅被災者支援
1)大町町(下潟公民館)物資支援
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、以下の物資をお届けしました。
・びん牛乳9本
・カフェミルク7本
・ヨーグルト15パック
・さばの味噌煮5パック
・阿蘇の伏流水を使った絹豆腐4パック
・小さな白菜5玉
・れんこん5袋
・冷凍焼ビーフン5パック
・冷凍ごぼう5パック
・いちごジャム3本
・高原朝霧緑茶10本
・カップコーンスープ30食
・おふろのしゃぼん30個

2、大町町配食支援(在宅被災者で、高齢世帯で買い物や炊事が困難な世帯や修繕工事が進まず、未だ炊事環境が整備されていない世帯を対象に支援を継続しています)
・昼食用の弁当9食(地元の弁当屋で手配)
下潟地区在宅被災者 2世帯 2食(+レトルトごはん1食)
中島地区在宅被災者 1世帯 3食(+カフェミルク1本)
大黒地区在宅被災者 2世帯 4食(+ヨーグルト1パック、阿蘇の伏流水を使った絹豆腐1パック、レトルトごはん2食)

・夕食用の弁当8食(地元の弁当屋で手配)
下潟地区在宅被災者 1世帯 2食
大黒地区在宅被災者 1世帯 4食

3、大町町地域被災者への見守り支援
本日は、2軒のお宅の見守り訪問を行いました。
うち1軒(高齢者の独居)は、体調を崩され便通が悪くなったとのことでしたので、ヨーグルト1パックをお届けしました。
もう1軒は、自宅修繕の進捗状況をお伺いしましたが、着工したばかりで、まだまだ修繕は進んでいない様子でした。今週末に行う、下潟公民館での餅つき大会のお知らせを行いました。

4、大町ローラー訪問
大町町、SPF(佐賀災害支援プラットホーム)と連携し、大町町被災者より現在の生活の様子などの聞き取り調査を行っています。
これまで、「食事がとれていない」「自宅の修繕ができていない」などの支援が必要な可能性がある被災者を再訪問しました。
本日は、21軒を訪問し、11軒の方とお話しすることが出来ました。
11軒中3軒のお宅は修繕工事が完了していますが、まだほとんどのお宅が修繕中の様子でした。中には、年内に工事が完了せず、年を越す可能性のあるお宅もありました。

5、武雄市災害支援
(1)武雄市地域被災者への見守り支援
本日は、1軒見守り訪問を行いました。
体調を崩され、便通が悪くなったとのことでしたので、カフェミルク1本、ヨーグルト1パックをお届けしました。

6、その他
(1)餅つき大会(下潟公民館)
今週金曜日(12月13日)グリーンコープ主催で、下潟公民館にて大町町・SPF参加の餅つき大会を開催します。
その案内チラシを各地区長と地域のお宅へ配布をしました。
配布中に会えた方は、「私も手伝うから、何かあったら遠慮なく言ってね!」と心強い言葉をいただきました。支援を受けてきた皆さんが主役になれるよう積極的に地域の方を巻き込んで、皆さんが元気になれるイベントに出来るよう準備を進めていきます。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年12月16日

TOPへ