2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(11月15日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆11月15日(金)

1、大町町災害支援
(1)在宅被災者支援
1)大町町下潟地区、中島地区
下潟公民館を地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとして運用しています。
本日は、以下の物資をお届けしました。
・弁当14個
・びん牛乳7本
・カフェミルク8本
・ヨーグルト12パック
・しそ昆布5パック
・梅干し5パック
・あじの南蛮漬け5パック
・切干大根5パック
・野菜ミックス5パック
・栗かぼちゃ5パック
・きのこセット3パック
・ピーマン5袋
・田舎味噌汁5パック
・たまごスープ5パック
・ツナフレーク缶48缶


2、配食支援(在宅被災者、みなし仮設入居者で、炊事が困難な世帯、精神的に不安定な状態で炊事が出来ない世帯を対象に支援)

・朝食用のパン15食
下潟在宅被災者 1世帯2食
中島在宅被災者 2世帯3食
恵比寿みなし仮設 2世帯4食
大黒在宅被災者 2世帯4食
北方町在宅被災者 1世帯2食

・昼食用の弁当35食(グリーンコープ久留米南町店で準備)
下潟在宅被災者 2食(+ノンカップ麺5食、梅干し1パック、切干大根1パック、あじの南蛮漬け1パック、ヨーグルト1パック、びん牛乳1本)
中島在宅被災者 11食(+びん牛乳1本) 
恵比寿みなし仮設 3食
大黒在宅被災者 4食、みなし仮設 1食   
下潟公民館に14食をお届けし、地域の在宅被災者の方が取りに来られました。

・夕食用の弁当17食(本日は、グリーンコープ生協さがの組合員1名、ワーカーズ代表1名、職員1名で炊き出しを行いました。)
下潟在宅被災者 2食
中島在宅被災者 3食(+ノンカップ麺5食、梅干し1パック、切干大根1パック、あじの南蛮漬け1パック、ヨーグルト1パック、カフェミルク2本)
恵比寿みなし仮設 6食
大黒在宅被災者 5食 
北方町在宅被災者 1食

本日のメニューは、さばの味噌煮、海老のとろろ寄せ、ごぼう(+ツナ)サラダ、しょうがの甘酢漬け、豆腐と大根の味噌汁でした。
  

 

3、武雄市災害支援

(1)配食支援(在宅被災者で炊事が困難な世帯を対象に支援)
1)武雄市北方町
・朝食用のパン…北方町在宅被災者 1世帯2食
・夕食用の弁当…北方町在宅被災者 1世帯1食
こちらの世帯(独居)も、風邪気味のようで、体調を崩されていました。

大町町、武雄市の被災者で、寒くなってきたことや精神的疲労が影響し、体調を崩されている方が増えています。配食、物資支援だけでなく、定期的な見守り訪問を行いながら、グリーンコープが出来ることでサポートしていきます。

4、その他
(1)大町町ローラー訪問
本日は、2世帯の方の聞き取りを行いました。どちらの世帯も奥様が精神的疲労を抱えられており、炊事をする気力がない様子です。他にも下潟公民館に物資を取りに来られる女性にも同じような方がいます。
地域の人たちが集まり料理や手芸をしながら、それぞれの不安などを話せる場を作ることで、精神的負担を軽減出来る機会を提供出来ないか考えていきます。
また、地域の情報(行事ごとなど)がきちんと伝わっていない様子にあるため、区長さんと相談のうえ、下潟公民館にあるホワイトボードや掲示板などを活用出来ないか相談します。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年11月20日

TOPへ