2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(11月1日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆11月1日(金)

今回から被災地である大町町と武雄市、更に在宅被災者、みなし仮設入居者と項目を分けて報告します。

1、大町町災害支援
(1)在宅被災者支援
1)大町町下潟地区、中島地区
下潟公民館に、地域の在宅被災者への物資提供や地域の情報ステーションとしての拠点を置き活動しています。
本日は、以下の物資をお届けしました。
・びん牛乳7本
・カフェミルク7本
・ヨーグルト12パック
・大根5本
・白菜5個
・さつまいも5個
・里芋5個
・お酢すめ鶏ちゃん13パック
・棒アイス80本
・野菜ジュース1ケース
・ツナフレーク1ケース
・たまごスープ1ケース
・水6本
・いちごジャム4本
・ブルーベリージャム1本
 
本日より、青果物を支援物資として準備しました。地域の方も「今日は野菜のあるね~」「お~これやったら味噌汁に入れてよかね」などとお話ししながら野菜を手に取られていました。
また、これまで下潟公民館にあるテーブルに物資を並べていましたが、より利用しやすいように棚を設置しました。

(2)みなし仮設入居者支援
1)大町町内で3世帯がみなし仮設にて生活されています。
うち1軒は、生活環境自体は整っていますので、調理器具などを提供し、自立に向けた後押しをしていきます。

2、食事支援(在宅被災者、みなし仮設入居者で、炊事が困難な世帯、精神的に不安定な状態で炊事が出来ない世帯を対象に支援)
朝食用のパン15食をお届けしました。
下潟在宅被災者1軒
中島在宅被災者1軒
恵比寿みなし仮設1軒
大黒在宅被災者1軒

・昼食用弁当30食(グリーンコープ久留米南町店で準備)をお届けしました。
下潟在宅被災者3食
中島在宅被災者11食
恵比寿みなし仮設4食
大黒在宅被災者4食、みなし仮設1軒

・夕食用炊き出し弁当18食(本日は、グリーンコープ生協さがの理事長と職員2名で準備を行いました)をお届けしました。
下潟在宅被災者3食
中島在宅被災者4食
恵比寿みなし仮設6食
大黒在宅被災者5食   

本日の夕食メニューは、さばの味噌煮、筑前煮、ツナと玉ねぎの甘煮、豆腐とわかめの味噌汁でした。
  

3、武雄市災害支援
(1)食事支援(在宅被災者で炊事が困難な世帯を対象に支援)
1)武雄市北方町
・朝食用のパン…北方町在宅被災者1軒
・夕食用炊き出し弁当…北方町在宅被災者1食
 

4、その他
1)子ども支援
武雄市北方町を拠点に活動されている「おもやいボランティアセンター」に、被災した地域の公民館で明日開催されるイベント(カレーパーティー)に使う食材をお届けしました。
また、同ボランティアセンターと一緒に活動されていて、北方小学校校区の子どもの居場所作りを運営されている「よりみちステーションくむくむ」に、日曜日に開催されるイベント「子どもの遊び場」で、被災した世帯に提供する物資をお届けしました。
 

2)物資を提供していただきました
武雄ライオンズクラブ様より、調理セット(包丁、まな板、鍋、フライパン等)、電子レンジ、カセットコンロを提供していただきました。後日、グリーンコープ生協さがの理事長、ライオンズクラブのスタッフとともに、大町町の被災者に配布訪問を実施します。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年11月6日

TOPへ