2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(10月26日)

 

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆10月26日(土)

1、大町町総合福祉保健センター避難所(10月20日閉鎖)
避難所閉鎖後も、水害や油の被害により、生活環境が整っていない在宅被災者、みなし仮設移転者向けの食事支援を行っています。
本日の夕食は、社会福祉法人グリーンコープ(びすけっと)より5名で炊き出しを行いました。
メニューは、ささみカツ、ロールキャベツ、なすのゴマ和え、たまごスープ、漬物でした。
配食数の変更引継ぎが不十分だったため、足りなかった分を急遽で購入しお届けしました。
 

 

2、大町公民館避難所からのみなし仮設住宅移転者
みなし仮設に移転はされていますが、生活環境が整っておらず、炊事が出来る環境ではないため、食事支援を行っています。

本日も、昼食用の弁当や夕食(炊き出し)の弁当、翌日朝食用のパンをお届けしました。
・昼食用弁当6個
・夕食用(炊き出し)弁当6個
・食パン(スライス2枚)2袋
・ミニクロワッサン2袋

 

3、下潟公民館【杵島郡大町町】
生活環境が整っていない在宅被災者向けの物資提供ステーションとして運用しており、食料を補充しました。

・弁当9食

また、地域の在宅被災者で生活環境が整っていない世帯に昼食用の弁当、夕食用の炊き出し弁当などをお届けしました。
・昼食用弁当15個
・夕食用(炊き出し)弁当15個
・食パン(スライス2枚)2袋
・ミニクロワッサン1袋
・リッチロール1袋
・ヨーグルト1個

 

4、個人宅(旧北方公民館分館避難所からの帰宅者)【武雄市北方町】
自宅には戻られているが炊事出来る環境ではないため、避難所から戻られたあとも継続して食事支援を行っています。
本日も朝食用の食パン(スライス2枚入)と昼食用のお弁当をお届けしました。
・夕食用(炊き出し)弁当1個
・食パン(スライス2枚)1袋

 


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年10月30日

TOPへ