熊本地震復興支援10月4日・5日の報告です

 

【10月5日(土)】

(1)佐賀炊き出し支援
・グリーンコープ生協くまもと西部センターの共同購入ワーカーズ・ハピネス4名、東無田の方、田崎商店の田崎さん、災害支援センター6名にて佐賀の炊き出し支援に行きました。14時に出発し大町町の被災地を見てから16時前に到着しました。
・メニューは水餃子スープ、白身魚の香草ムニエル、ハタハタの磯辺揚げ、小松菜と揚げ物のおひたし、もやしとピーマンの炒め物、白玉ぜんざい、熊本産みかんでした。
・食事は60食分を準備し、24食提供できました。
・魚を調理したものが好評でおかわりをされる方が何人もおられました。また、甘いものは嬉しいと白玉ぜんざいも好評でした。食事提供の時に被災された方と少しお話ができ、様子をうかがうことが出来ました。

  
  

 

【10月4日(金)】

(1)佐賀炊き出し支援
・グリーンコープ生協くまもとの県北地域本部の組合員7名と職員1名、災害支援センター3名にて佐賀県大町町へ炊き出し支援に行きました。13時過ぎに出発し15時半前に到着しました。
・メニューは豚丼、のっぺい汁、きゅうりとワカメの酢の物、白玉だんごでした。
・みなさん手際よく調理され、予定していた時間より早く出来上がりましたので、グリーンコープ生協さがの職員より被害のあった大町町の現地を案内してもらいました。
・食事は60食を予定していましたが、40名ぐらいの方が来られました。食事は好評で、白玉だんごは「甘いものがほしかったので嬉しい」と喜ばれていました。

    
  

 

(2)翌週の元気カーの準備
・翌週の元気カーで販売するドライ、冷凍商品の入荷チェックと値段付けを行ないました。

 

(3)砥川災害公営住宅への元気カー運行に当たってのチラシ配布
・来週から益城町砥川災害公営住宅へ元気カーを運行するに当たって、団地内と周辺住宅にチラシまきと案内に行きました。お会いできた5~6名の方より「買い物に不自由していたので助かる」と嬉しい言葉を頂きました。

 


熊本地震支援一覧へ

 

2019年10月18日

TOPへ