西日本豪雨水害の復興支援報告です(9月9日~15日)

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆9月15日(日)

【地域の方が集うイベントを開催しました】
・真備町下二万の住民の方々が集うイベントを開催しました。
・グリーンコープからは軽食を用意しました。メニューはビビンバ・バイキング。お好みで具材をご飯に乗せて食べていただくもので、今回も大変好評でした。
・参加者は住民のみなさんが40名と支援スタッフが2名でした。
・バイキング形式だったので、いつもは女性の方が男性の方やご年配の方の分を運ばれていることが多いのですが、今回はいつもと逆に、男性やご年配の方が女性の方のビビンバを作られ運んでおられました。女性のみなさんは大喜びでした。
・みなさん、今回のメニューは新鮮だったようで、お好きな具材をのせてとても楽しんでいらっしゃいました。

    

 

◆9月14日(土)

【ひまわり染めを開催しました】
・倉敷市真備町尾崎にある福島ひまわりプロジェクトで育てたひまわりの花びらを使って、「ひまわり染め」を行いました。
・参加は真備町の住民のみなさん、真備町で活動するみなさん、グリーンコープの組合員で合計約50名でした。
・染付けるトートバックに模様が入るように輪ゴムで絞ったり、板で挟んで縛ったりしました。それから、色がのるように、前もって豆乳に浸して乾かしておいたトートバックをひまわりの花びらで煮込んだ液に15分程浸して干しました。
・出来上がりは想像した以上にひまわりのきれいな黄色が出ていて、皆さんびっくりされていました。
・思い返せば、今日集ったみなさんとは5月から畑を耕して、種を植えて、水やりと草刈りをして、ひまわりを一緒に育ててきました。この様なかたちで再会し、一緒に活動が出来たことがとてもうれしいようで、みなさんも話が弾んでらっしゃいました。

   

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆9月12日(木)

【安浦地区での買い物支援】
・職員2名と個人商店さんにご同行頂き、安浦地区の買い物支援を行いました。

安浦市営住宅
・飲料は買い物の帰りが重くて大変なので助かっているとのことでした。りんごジュース、お茶、豆乳コーヒー、びん牛乳、合計で30本程購入いただきました。

内平
・おかきが大好きとのことで喜ばれていました。

女子畑
・冷凍マンゴーは根づいてきている印象です。
・冷やし中華は飽きてきた…とのこと。季節の変わり目なので、秋のおすすめ商品に切り替えていき季節感を感じていただけるように工夫していきたいと思います。

 

中畑
・大和しじみ、豆腐、マンゴーを積極的におすすめしてみました。おすすめした商品を『買ってみるわ~』と購入いただけ、嬉しく感じました。

 

◆9月9日(月)

【小屋浦・坂での買い物支援】
・小屋浦、坂の買い物支援に職員2名、組合員1名で伺いました。

・小屋浦町有住宅では3名こられて、買い物をされました。
・規格外の梨、じゃがいもが売れていました。お粥、牛乳なども購入されました。とても気温が高く、日陰でりんごジュースを飲んでいただきましたが、暑くて外で話すというよりは少し休んでいかれたという感じでした。
・坂町平成ヶ浜では4名こられ、こちらでも規格外青果が売れていました。
・また夏に戻ったみたいな気温で、食欲がないからと冷たいものを購入していかれました。

  


西日本豪雨支援一覧へ

2019年10月8日

TOPへ