2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(10月2日)

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆10月2日(水)

1、大町福祉保健センター避難所
本日の朝食は23食、昼食は18食でした。
本日の炊き出しは、社会福祉法人グリーンコープ長崎のメンバー、グリーンコープ生協(長崎)の福祉担当部長含めて7名で、調理開始前には、順天堂病院周辺の被災地の様子を見てもらいました。
本日のメニューは、「ちゃんぽん」「おにぎり」「ゆで干し大根の酢の物」「さつまいもとりんごの重ね煮」でした。
夕食は40食でした。(持ち帰り10名含む)
温かいちゃんぽんに皆さん、とても喜んで頂き、おかわりされる方もいらっしゃいました。

  

明日の朝食などをお届けしました。
・リッチロール4袋
・黒糖風味ロールパン4袋
・食パン(スライス2枚)15袋
・パス牛乳3本
・カフェミルク2本
・ヨーグルト6パック

 

2、大町公民館避難所
要望のあったジャムや水などをお届けしました。
・パス牛乳2本
・カフェミルク1本
・ヨーグルト6パック
・水2本
・いちごジャム1本
・ホワイトソフトマーガリン1個

 

3、朝日小避難所(朝日公民館)
食料などの支援物資をお届けしました。
・ノンカップ麺3箱
・調整豆乳1箱
・冬採り人参ジュース1箱
・豆乳飲料紅茶1箱

 

4、下潟公民館
パンなどをお届けしました。
・食パン(スライス2枚)12袋
・パス牛乳5本
・カフェミルク4本
・ノンカップ麺3箱
をお届けしました。

 

5、北上滝地区
昨日、挨拶に伺い、食材をお届けし、地区の被災者宅に配っていただきました。
その際に、マットレスの要望があったと連絡がありましたので、早速マットレス1つをお届けしました。

 

6、在宅被災者宅への訪問活動
本日は、大町町で油の流出被害があった下潟地区と、冠水被害があった大黒町地区の訪問活動を行いました。
訪問活動時には、今週金曜日(10月4日)に下潟公民館、日曜日(10月6日)に大黒町公民館で開催する炊き出しの案内チラシと、グリーンコープの「焼き海苔」「魚缶」をセットしたものを持参しています。
下潟地区は、訪問15件、在宅8件でした。
高齢者宅で、冠水、油の被害に遭って、履物がサンダルしか無いということでしたので、靴を2足支援物資としてお届けしています。
「車に乗るときに使う」ととても喜ばれました。ただ、ご主人は、今後お金がどうなるか分からず、先の見通しがたたないと気を落とされています。

 

大黒町地区は、訪問28件、在宅16件でした。大黒町地区は、床上浸水したエリアとほぼ被害がなかったエリアと分かれており、床上浸水したところは、以前タオル支援も行ったところで、「あの時は本当に助かりました。ありがとうございました」とお礼の言葉をいただきました。
その他に床上浸水したお宅でも、生活環境(家電や炊事場、お風呂)が整ってきた様子でしたが、家の片付けや仕事で疲れてしまい、食事をレトルトなどで簡単に済ませているということでしたので、大町福祉保健センターでの炊き出しや今度の日曜日に開催する大黒町公民館で炊き出しを案内し、「ぜひお越しください」と声掛けを行いました。

 


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年10月8日

TOPへ