2019年8月九州北部大雨災害支援報告です(9月25日)

 

<グリーンコープ生協さが>からの報告

◆9月25日(水)

1、大町福祉保健センター避難所
本日の朝食、昼食も昨日までと同様に朝食はパン(30食分)、昼食は弁当30食分を提供しました。
夕食は、地元(大町町)の団体による、「たろめん」の炊き出しがありましたので、グリーンコープからの炊き出しは休みにしました。
※たろめんとは、昔「杵島炭鉱」の炭鉱マンに愛されていた食べ物で、細めのうどん麺に豚肉やキャベツなどの野菜や牛骨などを使用し、生姜の味が効いた独特のスープが特徴です。
  
明日の朝食をお届けしました。
ヨーグルト18パック
バナナ1箱
リッチロール8袋
食パン(スライス2枚)30袋
よもぎあんぱん30袋
牛乳は、子ども世帯が帰宅された影響もあり、あまり減っていなかったので、補充はしていません。
災害支援センターから配置している乾燥機が故障している様子にあり、大町公民館に設置している乾燥機の移動をお願いされました。明日、移動するようにお伝えしました。  
 

2、大町公民館避難所
正午までで避難所が閉鎖されましたので、物資のお届けはなく、保冷箱の回収に伺いました。
本日までで炊き出しボランティア団体(ボンジャスさん)の支援も終了となっています。
昼食は在宅被災者の方で地域から15食ほど取りに来られていました。
明日以降は保健福祉センターに取りに行かれることになります。

 

3、北方保健センター避難所
大町福祉保健センターで提供している朝食用のパンを明日の朝食分としてお届けしました。
・食パン6袋
・リッチロール2袋
・よもぎあんぱん10袋

現在も24名の避難者が居られるとのことでした。引き続き支援を行います。

4、高橋公民館
大町福祉保健センターの昼食で提供しているお弁当(11個)をお届けしました。
これまで物資を配布して頂いている婦人会の方は被災が酷かった北上滝地域の婦人会の方をご存知だとのことでしたので、近日中にご紹介していただいて支援を開始したいと考えています。

 

5、よりみちステーションくむくむ(子どもの遊び場)
先日、子どもの遊び場にお届けした、お菓子などの支援物資を在庫管理のため、一旦持ち帰りました。
今度の日曜日(9月29日)も開催予定なので、必要な物資を日曜日にお届けする予定です。

 

6、大町公民館訪問
大町公民館を訪問した際、水川大町町長、大町町議会議長、副議長にお会いしました。
公民館の課長から「これまで支援してもらっているグリーンコープさんです」とご紹介して頂き、水川町長からは「グリーンコープさんの支援のことはお聞きしている。本当に助かっているし、感謝しています。」と言って頂きました。
また、副議長からは「グリーンコープさんが冷蔵庫や洗濯機も支援して下さっているんですよ」とこれまでの支援を紹介してもらいました。
水川町長が「これからも引き続きご協力とご支援をお願いします」とのことでしたので「私たちも引き続き被災者に寄り添った支援を行っていきます」とお伝えしています。

避難所となっている大町公民館に提供している冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの支援物資は、被災した地域の下潟公民館に移動させて地域の拠りどころとなっている被災公民館の再生のために活用したいと考えています。


2019年8月九州北部大雨災害支援一覧へ

2019年9月30日

TOPへ