熊本地震復興支援7月29日~8月4日の報告です

 

【8月4日(日)】

(1)西原村の災害公営住宅山西団地夏祭り
・西原村の災害公営住宅山西団地で介護施設のフォレスト熊本と合同で夏祭りを開催しました。
・グリーンコープのスタッフは、9名で、焼きそば、唐揚げ、炊き込みご飯、かき氷を販売しました。
・団地内外から多くの方が来られ、16時から販売を開始して17時には、ほぼ売り切れました。
 フォレスト熊本の歌と演奏そして呼んでいただいた太鼓の演奏も素晴らしくみなさんよろこんでいらっしゃいました。
 山西団地でのはじめてのお祭りでした。多くの方にきていただき良かったと思います。

 

 

 

【8月3日(土)】

(1)惣領仮設夏祭り
・県央東と災害支援センター合同での取り組みです。
・スタッフ:災害支援センター6名、県央東組合員5名、ワーカーズ2名
・メニュー:カレー、からあげ、焼きそば、かき氷
・ワーカーズによりリサイクルショップが開かれ、九州キリスト教災害支援センターから子供向けのゲームをしていただきました。 
・転居された方もかけつけていただき賑わいました。後半には「すいか割り」や「そうめん流し」もあり、みなさん楽しんでいらっしゃいました。

   

 

【8月2日(金)】

(1)西原村のたんぽぽハウス・高森町のペンションへの支援物資のお届け
・高森町のペンションでは、預かっている子ども達が夏休みでずっと居るので、時々は遊びに連れて行かなくてはならない、と言われていました。

(2)秋津サロン
・仮設の入居者減少のため本日が最終日になります。
・スタッフ:支援センター5名、グリーンコープ生協くまもと理事長1名
・メニュー:ビビンバ、スープ、果物、串だんご
・参加者は大人7名、子供3名でした。今回が最終日という事で、転居されている方が6名と子供3名が参加されました。ビビンバは自分で食材をのせて食べてもらいました。最後に記念撮影をして終了しました。今後も機会があればお会いしたいと思います。

   

 

【8月1日(木)】

(1)東無田食堂
・スタッフ:グリーンコープ5名、絆のボランティアスタッフ4名
・メニュー:なすと豚肉のみそ炒め、サラダ、みそ汁、果物
・本日は、31食でした。猛暑の中での開催でしたが、いつもと変わらず楽しみにして来られている様子でした。

  

                       
(2)元気カーによる移動販売
・4ヵ所で買い物支援をおこないました。                             
・南出口仮設では、利用されていた1人が転居されていました。今日が最終日になりました。
・秋津仮設では、転居された方が買い物に来られ、みなさんと話をされていました。

  

 

【7月29日(月)】

(1)田崎商店へ惣菜のお届け

(2)元気カーによる移動販売
・3ヵ所で買い物支援をおこないました。
・藤山仮設での利用者はいませんでした。集会所で「マハールサロン」が開催されていてみなさんそちらへ行かれていたそうです。
・乙女仮設では、夜中に家の鍵と自家用車にいたずらをされ、(鍵は、内側から開かなくなった。自家用車は黒い線が入っていた)警察に届けたそうです。入居者が減ってきている他の仮設でもあり得ることなので心配です。

  

 


熊本地震支援一覧へ

2019年8月9日

TOPへ