九州北部豪雨災害支援の報告です(6月25日~29日)

【6月29日(土)】

<頓田食堂>
・本日の当番は、ボランティアグループでした。グリーンコープからは甘木店の調理室貸し出し、食材提供、運搬の支援を行ないました。
・メニューは、ハヤシライス、ほうれん草・スクランブルエッグ・ホールコーンの炒め物でした。

 

【6月28日(金)】

<林田仮設第二農園>
・仮設住宅林田団地の第二農園のひまわり畑の草刈り・防草シート張りの作業を行いました。

 

 

【6月26日(水)】

<支援物資のお届け、他>
(1)本日、熊本地震の仮設住宅などで慰問ライブを続け、「仮設の歌姫」「復興の歌姫」と呼ばれている大阪府在住のプロ歌手、奥野ひかるさんが、朝倉市生涯学習センターで宮野仮設の方・みなし仮設の方々を訪ね、歌を披露される企画がありました。仮設住宅の自治会からの依頼で、昼食交流時のオードブル・巻き寿司をグリーンコープ久留米南町店に協力いただき、お届けしました。

 

(2)7月9日(火)の仮設住宅頓田団地で、朝倉市の食堂組合が2回目の食事会(提供)を開催するに当たり、グリーンコープに支援要請がありました。本日、その支援内容について、食堂組合事務局(商工会議所)と相談を行い、7月9日の開催を支援することとしました。

 

【6月25日(火)】

<地域再生・地域づくり関係>
(1)本日、頓田仮設住宅入居者の次の住居探しのため、不動産会社を通して物件の視察を行いました。
  ・その際、NHKの取材が入り、7月4日18時10分くらいからのロクいちで放映予定です。

 

(2)杷木コミュニティ協議会連合会と災害時における支援協定書(仮称)締結の打合せを行いました。7月5日(金)15時から、らくゆう館にて調印式を行うことを確認し、今後、協定内容について、急ぎ詰めていくことを確認しました。

(3)杷木地域で、これまで災害支援に係わられた地域の方々とこれからの地域再生・地域づくりに関して、考えていることや出来ることについて意見交換を行いました。

 

<本日の支援者>
・グリーンコープ生協ふくおか本部:1名



九州北部豪雨災害支援一覧へ

2019年7月1日

TOPへ