熊本地震復興支援5月13日~5月18日の報告です

 

【5月18日(土)

(1)テクノ仮設朝市
・本日の体制:組合員3名、災害支援センター6名、職員1名  
・販売商品:規格外りんご・規格外パン・産直たまご・とうふ、あげ・赤鉾の巻き寿司・からあげ。
・毎回ですが、9時の販売開始から一気に人が押し寄せ30分間はてんてこまいです。  
・「からあげ」も毎回好評で10名ほどの列が出来ます。すべての商品がほぼ完売状態でした。「からあげ」は3ヶ月連続で販売していますがしばらくは続けたいと思います。

 

【5月17日(金)

(1)西原村のたんぽぽハウス・高森町のペンションへ支援物資のお届け

(2)テクノ仮設団地
・ひまわり畑に畝を作ってマルチを張りました。手作業だったので大変でした。

 

【5月16日(木)

(1)元気カーによる移動販売
・5カ所で移動販売をしました。
・馬立団地ではテレビ局が住民の方を取材していました。元気カーでの買い物の様子や買い物をされたみなさんとお茶をされている様子を撮影されていました。5月23日に放送予定ということでした。 

 

 

【5月15日(水)

(1)益城町片付け支援
・益城町の高齢のご夫婦から「家具の処分をお願いしたい」と依頼がありました。家具やスチールベッド等トラック約2台分を処分しました。学習机はまだきれいでしたので、処分せず再利用したいと思います。部屋がすっきりして喜ばれました。

 

(2)元気カーによる移動販売
・6カ所で移動販売をしました。

 

【5月14日(火)

(1)益城町テクノ仮設団地
・福島の子どもたちを支援する「ひまわりプロジェクト」のひまわりを、仮設の方々と一緒に種まきをする予定です。ひまわり畑に有機肥料をまいて耕しました。次回は畝を作りマルチを張ります。

(2)秋津中央公園仮設サロン
・本日の体制:災害支援センタースタッフ 4名
・メニュー:お好み焼き、ムース、ツナサラダ
・参加者は大人8名、子ども3名でした。鉄板を持ち込み参加者に焼いてもらいました。自分で作って食べる事は良いと思いますがどうしても食べる時間がずれてしまいます。メニューと集合時間は、見直していきたいと思います。

 


【5月13日(月)

(1)田崎商店へ惣菜のお届け

(2)災害公営住宅へ見守り訪問
・先週訪問した残りの32軒(15軒お話ができました)に伺いました。近くの舞原・塚原・藤山仮設からの転居が多いようです。中にはみなし仮設からの転居の方も居られ「3年間支援も何もなく頑張ってきました。早くみなさんとコミュニケーションを取りたい」と話されていました。先週の訪問と同様に「グリーンコープの移動販売に早く来て欲しい」という要望が数件ありました。

(3)元気カーによる移動販売
・3カ所で移動販売をしました。
・塚原仮設の退去が進み、実質利用者は1名になりました。

 


熊本地震支援一覧へ

2019年5月21日

TOPへ