九州北部豪雨災害支援の報告です(5月1日~5日)

 

【5月5日(日)】

<白木地区復興支援そうめん流し>
・杷木白木湧水の会・復興支援協議会から依頼を受け、そうめん流しのそうめん・つゆ・漬物・ジュース・割り箸・紙コップ(200人分)他を支援しました。
・朝倉市内、遠くは北九州からお越しのご家族も参加され、多くのご家族と地元の方が交流されました。
・白木湧水の会の会長(白木地区の皆さん)より「これから梅雨の時期に入れば、みんな家のことや田畑のことなど心配したり不安になったりするけど、今日みたいにそうめん流しをすると、みんな笑顔でいられる。久々に会った白木の人もいた。そうめん流しの食材やお手伝いに来てもらいありがとう。これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉をいただきました。

 

 

<東林田公民館:復興談義>
・東林田地区から依頼を受け、「九州大学の島谷先生と地域住民との復興談義」のお茶・お茶菓子を支援しました。
・約20名の地域住民の方が参加され、これまでの河川(赤谷川)の経過や今後に向けて話し合いをされました。

<本日の支援者>
・ふくおか本部…2名、南地域本部…1名(親子)、中遠支部…1名

 

【5月4日(土)】

<支援物資のお届け、他>
・明日(5月5日)、杷木白木地区で開催される「白木地区復興支援 そうめん流し」の食材他(200食分)をお届けしました。

・そうめん、つゆ、わさび、漬物、紙皿、紙コップ、割り箸、お茶、ジュースをお届けしました。

 

【5月1日(水)】

<支援物資のお届け、他>
・林田仮設住宅集会場管理長と6/9のお別れ会、7/5の追悼集会の企画内容について打ち合わせを行いました。

・また、今年も福島ひまわりプロジェクトを応援するための約1000本分のひまわりと、さつま芋の苗約100本を仮設住宅林田団地農場に作付けすることにしました。そのための準備、日程等についても打ち合わせを行いました。

<朝倉・頓田仮設をみまもり隊>
・本日、定例の役員会が開催されました。毎週土曜日開催の頓田食堂の当番決めと8月3日(土)にお別れ会を開催することを確認しました。
・また、被災された方々の転居先について、高齢者一人暮らし世帯を中心に早急に聞き取りを始めることとしました。


<本日の支援者>
・ふくおか本部…1名


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2019年5月6日

TOPへ