熊本地震復興支援3月18日~23日の報告です

【3月23日(土)

・イベント関係の準備、発注準備をしています。

 

【3月22日(金)

(1)熊本県立大学主催の料理教室
・熊本県立大学主催の料理教室に参加しました。仮設に住んでいらっしゃる年配者のために塩分控えめの料理をつくりました。スタッフは、県立大学の先生1名、グリーンコープからは4名でした。
・メニューは、炊飯器で作るサラダチキン、牛肉の山椒焼、だご汁でした。サラダチキンは塩麹を使って味を出し、牛肉の山椒焼はおろし生姜とおろしにんにくを使い、だご汁はだしで旨みを出すなど塩を使わなくても美味しくできました。
・参加者は4名でしたが、こられない方4名に料理を運びました。食事の後はお孫さんの話で盛り上がりました。

 

(2)個人宅の片付け
・以前、雛人形を提供いただいた方の片付けに伺いました。施設で雛人形を飾った写真をお渡ししたところ喜んでいらっしゃいました。

 

(3)災害公営住宅見守り訪問
・災害公営住宅の訪問をしています。田原災害公営住宅2軒、砥川災害公営住宅を7軒訪問しました。
・砥川災害公営住宅では以前、赤井仮設にお住まいで、移動販売の際は必ずお声かけをしていた男性が喜んでおられました。
仮設の時より元気になられた感じで環境が変わったのが良かったようです。

 

 

【3月21日(木)

(1)元気カーによる移動販売
・4カ所で移動販売をしました。
・立野災害公営住宅へ転居予定の方が「買い物が不便なのでぜひ移動販売にきてほしい」と言われました。役場と相談して進めたいと思います。

 

 

【3月20日(水)

(1)田崎商店へ惣菜のお届け

(2)元気カーによる移動販売
・6カ所で移動販売をしました。

・いつも利用される方がほとんど不在でした。

 

(3)南阿蘇村の元学生寮への支援
・南阿蘇村の元学生寮に伺い、毎週金曜日にお届けしている支援物資は、3年でひと区切りということで終了させていただくことをお伝えしました。「これまで大変お世話になりありがとうございます」をお礼を言われました。「引き続き復興に向けた支援は続けますので、いつでもご相談ください」とお伝えしました。

 

【3月19日(火)

(1)倉庫の片付け
・これまで中々出来ていなかった須屋倉庫の片付けをしました。商品毎にカーゴ車に乗せて移動しやすくしました。

 

 

 

【3月18日(月)

(1)田崎商店へ惣菜のお届け

(2)元気カーによる移動販売
・6カ所で移動販売をしました。
・水源団地では買物された14名の内、8名の方が椅子に座りお茶を飲んで楽しそうにおしゃべりされていました。     
・藤山でいつも利用されている方が5月に災害公営住宅に転居されることになりました。

 

(3)見守り訪問活動
・益城町の田原災害公営住宅を訪問しました。16軒訪問して5軒の方にお会いできました。木山仮設で見守りをしていた方と久しぶりにお会いしました。お元気そうで安心しました。

 


熊本地震支援一覧へ

2019年3月27日

TOPへ